スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早売りワールド

ワールド買ってきました~
ホビーショー寸前って事でスクープが沢山、もちろんTB-03も乗ってましたよ!
詳細な写真のおかげでやっとモーターマウントの構造が理解できました、しかし熱に弱そう…。
プロペラシャフトジョイントと併せて金属製オプション必須っぽいですね。
そして樹脂の質感からして強化版樹脂パーツの発売も避けては通れない予感?
更にエボ5MSの記事にある新型スイングシャフトや新型サスブロックの流用を考えたりすると
今や生ける伝説となったTA05にも勝るとも劣らないタミヤ地獄が待ってる様な気がします(-"-;)
また、田宮メカだった販売店向け資料の写真と違ってフタバメカとVORAC-MSを積んであるので
メカスペースはS955*に603F*にVFS-1系でピッタリハマる事も確認できてここは一安心。
603F*が少々大きいので最悪エクストレイを縦積みするしかないかなとか思ってました(^^;

ちなみにエボ5MSの記事写真ではTB-03との差別化か同じVORACでもC3の方が積んであります(笑)
スポンサーサイト

TT-01RtypeE?

使用前
TT-01RにtypeEのパーツをくみこんでみました。
写真はTT-01RではなくTT-01R風TT-01ですが(ややこしい)作業前はこんな感じでした。

ウォームアップレース

プレ世界戦が終了しましたね、TRF勢強えぇ~(^^;
予選は概ね快調でサイクロンユーザーとして一番期待したかったハラ選手が
決勝ではずいぶんと低迷してしまったのが残念、チームメイトのスリカーンにも負けちゃってます。
でもこの予選も含めて最近振るわない結果の多かった正美選手が3位に食い込んでいたり、
同点4位もプロ宣言マツハヤ選手が頼もしい活躍を見せてくれました。
あと、なにげにCメインでメイン優勝してる前住選手の存在もちょっと気になるところです(笑)
しかしAメイン10台のうち4台が416、3台がサイクロンとこの二台で殆どを占めてしまうのは
うれしいような盛り上がりに欠けるような複雑な気分ですよ(^^;
他はBDM、T2とワールドチャンピオンメーカーが鍔迫り合いを繰り広げるところに
伏兵S400が各一台滑り込み。せっかくの世界戦なんだし、日本で普通に見かける車種ばかりでなく
AVIDとかE4とか、TC5なんかにも頑張って欲しいんですけどねぇ。。。

さよならDF-02

最近は我が家でもBXとDB-01の陰に隠れてとんとご無沙汰だったDF-02。
お気に入りのTT-01とベアリングやデフ回りが共通で、一斉メンテの時には結構便利だったDF-02。
スパー以外は落ちても引っかけても結構丈夫でもそのスパーのメンテ性が最悪だった(^^;DF-02。

新型が発売されたのでもしやタミグラ復活…とちょっと期待しましたがそれも夢と消え、
我が家でもタミグラ出るならこれでええやんDB-01導入。
使い道が無くなってしまったので前から欲しがっていた甥っ子にプレゼントすることになりました。

GWに会ったときに渡すためメンテ開始し、ひとつひとつ分解して簡単に掃除、注油。
消耗している部分は部品在庫があるものは交換、無い物は清掃と注油など極力延命処置。
走らせっぱなしにされるのは目に見えてますからね。そんなことをやっていました。
一晩で車体はほぼ完成。RX/TXは今は亡きラジ天戸塚で買ってきたエクスペックSPを…
ここでふと気付く、在庫にフタバのアナログサーボがなーい!!
たまたまかもしれませんがうちのフタバメカにサンワメカを組み合わせるとどうも調子が悪いんですよ。

さて、どうするかな。タムタム相模原で投げ売られてた廉価サーボでも買っておけばよかった。

最近のバッテリー

画像を見てもTB-03のモーターマウントの構造が理解できないせれですorz

気になっていたリアはTA05-IFS同様単純に低いマウントで乗り切っちゃうんですね、
でもあれでいいならフロントも同じ手法で乗り切れるのでは…(^^;
TB-01なんてステーなしでダンパーをギアケース直付出来たわけですが、
そこにレーシングボディマウントで普通にIFSボディ乗るような気がします。
もうTB-01が手元にないので試せないですけどね、

すわパパさん、あのTB-01がまだあったら試してください(笑

さて、JMRCAのサイトで2008年度公認バッテリーの第一弾が発表されてます。
今のところ相変わらず過半数がIB、あとはEP(VP)が少々とFMが気持ち程度。
まだモロテック、とりおん、セイキの3社だけなのでこうなんでしょうけど、
アトラスやARDが公認申請すれば一気にFMが増えるのかな?

昨年は安定した品質と燃費で全日本を制したFMですが、今年はどうなるんでしょうね。
今年も本戦は谷田部だから昨年同様FMが安定するんでしょうか、
それとも容量を大きくのばしたIB4600がレースバッテリーの王者の地位を取り戻すのか。

今後しばらくのラジコン環境的に、バッテリー戦争について行く気が全くないので
気楽に眺めていられるのがなんか快適です(笑

やってみよう!

と思ったのでほぼノーマルのTA05に23T積んでリアスプールにした樹脂ドリ仕様車と、
スケールカー仕様から15Tモーターとリアスプールだけ換えたゴムドリドリパケを作ってみました。

TA05はフルタイム四駆のせいかしっかり地面を捉えて離さないため上手くドリフトに持ち込めず、
さらに何故かモーターのブラシ跳ねが頻発するためイヤになって止めました(^^;
ドリパケはパワーに振り回されるのはこれはこれでまた楽しいんですが、
こちらもなかなかうまくドリフトの形には持っていけません。
四駆でありながらスネークダッシュするような状況なのでパワフルすぎてるのかな?
こっちはスケールカーそのままだったタイヤがホイールから外れて停止。
その場で簡単に直せますが接着しない限り同じ事の繰り返しなのでやはり終了。
モーターの巻きが三分の一になるって事の凄さを思い知らされる結果となりました(笑)

今日の問題点を元にまた取り組んでみようとは思うんですが、
うまくドリフトに持ち込むことが出来ないTA05をどうして良いものか悩んでおります(^^;

久しぶりの半田鏝

ビガーパワーも中国産か…てかイーストパワーと中の人が同じ?ちょっとがっかりなせれです。
先日テストした結果18セルから10セルは取り出せたヨコモのIB4200WCを5セルに組み直しました。
半田鏝を扱ったのが久しぶりだったのでちょっと時間はかかりましたが まぁきちんと仕上がり…あれ?
2セット出来上がるわけですが、向きが逆です…。
これだとどっちかは車に積むときに裏返しになってしまいます。やってもた。
さらに久しぶりのやけどを負ってしまいました、ほんの一瞬だったんですが
鏝先ではなく根本のヒーターそのものが手に当たってしまったので結構焼けました(^^;

あちちち
火傷(^^;

逆
セルの向きを合わせてるのにシャンテの向きがあべこべですね(^^;;;

まだまだホビーショー

ホビーショーの出展予定品のなかで、自分はぶっちゃけTB-03ばっかりみてましたが、
TT-01typeEでゴルフのカップカーなんて渋いモデルもあったんですね。
日本でも人気の車種なので欧州向けのラインナップを振ってくれてるんだと思いますが、
別にストチャレ等で使えるわけでもなし、ポルシェやZ、GT-Rというそうそうたるラインナップのなかで
あえてゴルフを選ぶ人がどれだけいるのか…?なんていらん心配をしているせれです。
しかし同じく売れるかどうか微妙でも、国産普通車もラインナップに欲しいなぁ・・・。

TB-03とエボ5MSの概要が今治模型社お知らせblogにのってました。
TB-03は案の定IFS仕様との事orz まぁボディがガライヤって段階で覚悟はしていましたよ…。
でもガライヤってリアもかなり低いんですけど、こっちはどうするんでしょうね。
とりあえず通常のフロントサスペンションにも出来るような構造になっていることを願います。
しかし新アップライト付リバサス標準、3分割プロペラシャフトと抑えるところはきっちり抑えていて
あとは新しいバスタブやモーターマウントがどうなるかがワクワクポイントですね。
L字型モーターマウントってのが今ひとつイメージできませんが(^^;
定価は\21,800って事ですので2割前後の値引きとして初売り\17,000位ですかね。
エボ5MSは最近のタミヤ車が好きなステアリング回りと1050ベアリング採用型アップライト、
発売当初から非難囂々だったスパー回りのメンテ性の改善、シャーシ厚変更による特性の変更と
スタンダードなアップデートに留まっているようです。どうせならこっちがIFSだったら面白かったのに。

まぁ何にせよTB-03を買うというのはまだ見てもいないにもかかわらずほぼ確定事項ですので、
自分に出来ることは手元のTB-02やTT-01などをとっとと売り払って資金を捻出することです。
在庫部品がやたらあるのでTA05が1台、TB-02が2-3台、TTは4台位作れるはず(^^;
少々オプションが付いているとはいえ今更TB-02や素TT-01を何台売っても二束三文でしょうけど、
TA05と合わせればTB-03を1台位は買えるかな?

フロントラインとレコードブレーカー

昨日バッファローに申し込んだACアダプタが今日届いてびっくりしたせれです、
RCMXと同等のレスポンスを大手メーカーの直販で味わえるとは思いませんでした(^^;

いきなりですが元々マッチモアって会社はなんかあまり好きではないんです、
そこに今回の代理店騒動。どうも気に入らない。でも我が家のメイン充電器はセルマスター。
サブのアドバンテージチャージャーに比べると液晶が見やすく(視野角がかなり広い)、
バッテリーの仕上がり温度も明確に低い。放電時には内部抵抗計測も出来る。
ただ筐体がチャチでボタン感度が悪く、ファンがバカみたいにうるさいのが難点。
なんだかんだでバランスの良い性能、機能なんですよね。昔の値段なら!
アドバンテージはこれはこれで設定が5つ保存できたり、
(リニア充電ばかりなので自分にはセルマスターのメモリーは三つに見えてます(笑)
なければないでいいけどあると何かと便利なタイマー付きモーターラン機能があったりと
セルマスターとは違うベクトルでまたよい充電器なんですが。

そんななかでセルマスターの対抗馬としてタイトルの充電器が気になっています、
で、レブコレ・フロントライン販売元のストレートのサイトを見に行くんですが、差がよくわからない(^^;
フロントラインがセミオートマでレコブレがフルマニュアルらしいんですが、
具体的に何がどう違うのか良く解りません!多分自分にはフロントラインで十分なんでしょうけどね。
以前サンタさんからもらった思い出のセルマスターですが、売ってフロントラインにしちゃおうかなぁ。
6chセンサーボックスも気になる一品ですしね。

本当はICCが一番欲しいんですがあれは高嶺の花。お値段も物理的にもでかすぎです(笑

TB-03 & エボ5MS!

タミヤのサイトに第47回静岡ホビーショーの特設ページが出来てるんですが、
そこの発表予定の新製品のなかに

TBエボリューション5 MS

1/10RC ARTA Garaiya(TB-03)

待ち望んだものが遂にキタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!

シャフトユーザーよ立て、(今までの冷遇の)悲しみを力に変えて立てよ!シャフトユーザー!
我らがシャフト車こそ(駆動効率に)優れた車であることを忘れないでほしいのだ。
優良種であるシャフト車こそ我々を救い得るのである。ジーク・シャフト!


と思わずはしゃぎまくってますが、まさか今更新型が出るとは思いませんでした。
先日2ちゃんのエボスレに、今思えばリーク情報だったであろう書き込みがあったんですが、
誰もリークだと思わずネタレスの応酬で押し流してしまっていました。
いや~ビックリした。TA05みたいに全日本選手権予選寸前に発売されるんですかねぇ。
萎えきっていたタミグラ熱が一気に盛り上がってきてしまいましたよ!

TB-03のボディはARTAガライヤってことですが、あの車もかなり低いボンネットですよね。
どうディフォルメしてくるか興味津々です、でもシャーシをIFSにするのはやめてね(^^;

ICS

引越前のくそ忙しいときに何を思ったかパソコンをバラバラにし、
掃除した上でみっちり詰まったミニタワーから通常サイズのケースに交換し、
グラフィックボードを増設し、HDDを増設し、OSをさすがに色々な意味で辛くなってきたwin2000と
今のところ一番安心できるwindows、xpのデュアルブートにする。
このパソコンは嫁さんのTV付きパソコンで録りためたTV番組の保管場所でもあるので、
増設を重ねて気がつくとHDDの合計容量が1.5TB位になっていて自分でもビックリ(笑
なんて作業をやっていたせれです。

で、引越も終わり、ラジコンの荷物も出し終わり、パソコンにもせっかくxpを入れたんだから
ツーリングに対する萎えと共にデッドストックと化していたICS USBアダプターを今こそ使ってやろう!
と、思ったんですが、なぜか商品に添付のCD-ROMがありません。
ICSより前に買ったビデオカメラのCDと、ICSより後に買ったデジ一眼のCDはあるのに
なぜかICSの添付CDだけありません(-~-;

KOのサイトを見に行ってもVFSマネージャーはありますがUSBドライバーはありません。
困ったので今朝サポートに「かくかくしかじかでなんとかならんか」とメールを送っておきました。
昼休みにはドライバを添付したメールが帰ってきていました、早いっ!
こういうところで気持ちよく対応してくれるとそのまま製品を使い続ける気になるってもんですよね(^^)

IB3800

最近IB禁止のサーキットが増えてると聞きます。
最近一番お気に入りのバッテリーがIB3800な自分には寂しい限りです。
自分は寂しいだけだけどセイキは困ってるんじゃないのかなと久しぶりにブログを見てみたら
なんかIB3800のリニューアルを目論んでいる模様。
あれ、IB3800は一度リニューアルしてるんじゃないのかな?(ページの真ん中辺)

セイキのリリースによれば、IBもやっと4600からは液漏れする、つまりは安全弁が普通に働くような
構造・素材になったそうなので、同じ様に3800作ってくれたらお気軽仕様には最高かも?
とりおんIB3800と同じような安定性と出力を維持しつつ安全性を高める方向であれば、ですけど。

でも、出来ればバッテリーも中国産から脱却したいんだけどなぁ(^^;
EPは論外として、FMやVPって何処の国の製品なんでしょうね。

ニカド

インテが死ぬの死なないのって話の後、
長いこと放置していた田宮のニカドをドリフトにでも使えたらと思い充電してみました。

数ヶ月ほったらかしでも殆どのパックが定格の九割位入る、ってのはさすがニカドですよねぇ。
充電前は負荷をかけると6V切ってる=完全に放電しちゃってるってのにこの根性。素晴らしい。


に、負けない位の耐久性をもつ田宮3700HV(GP3700)にびっくりしました(^^;
手持ちのパックバッテリーの中で一本だけ残ってるNiMHバッテリーなんですが、
確か最後にいじったのは去年の秋だったと思います。半年以上の放置プレイ。
充電前のチェックではやはりスッカラカンでしたが、突っ込んでみたら普通に3000入りました。
GP3700が丈夫ってのはよく聞いてたんですが、IBばっかり使っていたので実感なかったんですよ。
貧弱貧弱貧弱ゥゥゥゥ!な各社の現行セルと何がどう違うんでしょうね(-"-;)

今後の活動

flapとノーブランドのIB4200WCが全部生きているという結果に感動を禁じ得ないせれです(TT)
4200でもフル充電しておけば一ヶ月は持つのかな?でもそうすると死んだヨコモセルの立場が…。
ちなみにとりおんIB3800×4は全て健在でした。

さて、結局今年はタミグラ(GT3700以上のクラス)に出る暇もお金もなさそうなので、
まったりタミチャレ=GT2400で腕を磨こうかとそういう方針で動くことにしました。
あと適当に空き地なり走らせるところを見つけてドリフトもやってみたいなぁ。
とりあえず普段の練習はデイトナか松山に遊びに行くついでにラジ天東温かそこら辺で、
レースがしたいときにはデイトナかラジ天観音寺でってことになりそうな気がします。
どっちにしろ、レースなら適宜パックバッテリーを買う必要があるのがつらいですね。

すわパパさん、ラジ天観音寺で待ってますんでよろしくです(笑

タミヤグランプリ車両規則

なっなんだってー!
まぁタミヤグランプリは当然タミヤがルールブックだし、競技である以上ルールブックに従うのが当然、
従えないなら参加しちゃいけないってのは当然のことなんですが…タミチャレのボディの件とかこれとか、
参加者の利便性そっちのけで商売だけ見てるようなそんなルール変更最近多くないですか?

バカ高いバッテリー代にコミコミで参加料も払ってるんですから、もちっとなんとかしてくださいよ(^^;

とりあえず四国唯一のタミグラである全日本選手権四国予選で前座レースと設定されるであろう
GT2400クラス向けの車両の準備でもぼちぼちと始めましょうかね。
観光を兼ねて岡山か大阪まで遠征するのも良いかなと思っていたんですが、どうしようかな。

TA05-IFS R

TA05-IFS R発売!! っておい!
そろそろTA05TRFの季節かなと思ったんですが、まだまだTA05は生き延びるみたいですね(^^;

でも個人的にはTB-03をそろそろお願いしたいんです…
でもTT-01がtype-Eでせっかくダンパーステー交換可能になったから、
ダンパーステーとサスマウントを作ってリバサスを使えるようにしてくれればTTでも良いんですが。
というか個人的好みだとむしろTTの方が良いです(笑
本当はTT-01かTB-02で行きたいのに、自分で走らせても解るくらい明らかにTA05の方が速いので
泣く泣くTA05ってのが現状であり、TB-02に色々手を加えてもTA05に勝てる気が全くしない。
でもTB-02に比べて軽くて駆動効率も良いTT-01なら…なんて夢見てしまったり。
田宮さんお願い!

5セル

とりあえずヨコモIB4200WCだけで10セルは確保できそうで安心したせれです(^^;
あとはFLAPとノーブランドの18セルからまた10セル確保できれば御の字ですね。
調べてみるとデイトナサーキットってところが高知市にあるそうなので、
当分はまったりと23T+スケールカーを元に戻してドリフトを楽しむ予定です。

しかしレギュもありバラセルでは5セルも嫌々ながら(笑)徐々に浸透しているようですが、
パックバッテリーの5セルが出ないとお手軽層にはぜったい浸透しないですよね。
カワダからは5セルのパックバッテリーが出ているんですが、正直かっこわるい(^^;
20年くらい昔に見た、ある意味憧れの7セル8.4Vが思い切り寸詰まりになったような感じだから
自分の目には特別ものすごく不格好に写ってるのかも(^^;
でもこんなことする位なら、タムギア用パックバッテリーみたい(これは6セルですが)に
バラセルをそのままシュリンクしたようなレイアウトにすれば良いんじゃないんですかねぇ。
個人的にはこっちの方がバッテリーって感じがして好きなんですが。

まぁこの辺はタミヤがどう動くかで趨勢が決まるような気がするので、
タミヤが5セルに対応するのをワクテカしながら待つことにします。
谷田部にもイーズにも行けないところに引っ越してしまった今、
タミグラ以外でパックバッテリーを使うことはもうほとんど無いはずだし。
…あ、デイトナのツーリングレースは6セルパックと4セルバラか…orz

ヤバい…

相変わらず引越作業中でネット環境が御座いません(^^;
今まで使っていた@NIFTY経由のイーアクセスADSLが新居では使えないということで
やっぱり@NIFTY経由フレッツ光を申し込んだのですが、未だNTTから連絡来ず(-~-;

さて、回線のみならず本人たちと家財一式も引越真っ最中です。
車とラジコンの用品、あと本が多すぎて手伝いに来てくれたお義母さんも呆れてましたorz

そんな引越作業中にバッテリーのメンテナンスを行う自分(^^;
普段は夕方に帰ってくることになるから、爆音セルマスターで作業できる時間って貴重なんですよ。
とりあえずヨコモのIB4200WCを時間の許す限りで10セル単体充放電して、死にセルが4つ…。
一応充電できたセルも3500カウントくらいで止まるのでこれはもう遊び用ですね。
とりおんIB3800の方はまだライトニングでも放電を受け付けてもらえるくらい余力があるので
こいつらは後にしてとりあえずIB4200をやっていく方針です。
しかしこの打率だと5セルにするとしても何パック作れるんだろうorz

しかしとりおんIB3800はしぶとい、とてもIBとは思えない。お気に入りです。

引っ越します

ブログでなく、リアルに。

3/3の記事の続きとかスケールカーグランプリとか、書きたいものはたくさんあるんですが
ちょっと時間と、明日以降は使い放題な通信環境もなくなるのでしばらくお休みです…。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。