スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰り道

帰り道、香川でうどんを(^^)
別に有名店でどうこうというつもりもなく、道中見かけたお店に適当に飛び込み。
HI391136.jpg

最初普通に頼んだら、中途半端な時間だったせいか茹でおきを出されてしまい、
でも茹でおきでもなかなか旨かったため、これは一度ゆでたてを食わないと!
でももういちど同じものを頼んでも面白くないので、「しこめん」というものを注文。
どんなものかもわからずに注文したんですが、出てきたのはこちら。
HI391135.jpg
左が「しこめん」、右のは大将がおまけに付けてくれた「とうがらしこめん」サンプル。
細麺のくせにコシがあり、伸びもあり、非常に食べ応えのある旨い面です。
たれは出汁重視で一口目は薄味に感じますが、食べ続けると旨味が出てきます。
とうがらしこめんは口に運ぶ際にほんのり唐辛子が香りますが、
口に入れてしまうと普通のしこめん。と思いきや後味はしっかり唐辛子。
さっぱりとピリ辛が両立されていて、これは夏に気持ちよさそうです。

おいしいうどんを満喫した後はラジ天観音寺でお買い物、
その際に移転先への道順を教えてもらったので下見に。
HI391137.jpg
まだ屋根しかないような状態でしたが、歩いていける距離にコンビニもありましたし、
ここまでバラバラになっているという事はトイレなども新しく綺麗になるのでしょう。
見ての通り広さも結構ありますのでコースレイアウトも自由度も高そう、
完成が楽しみですわ(^^)
スポンサーサイト

峠ミーティングへGO!続き (7/27)

続きっ!

決勝です。
IMG_9646.jpg
自分はBメイン7位、ブービーでございます。後ろの人だって予選リタイヤしただけで
ベストは自分より一秒近く速い人ですので、勝てるわけがありません。
目標は完走、贅沢を言えば全車に周回遅れにされるのは避けよう、位の気持ちで走ります

IMG_9652.jpg
シャフトの立ち上がりか、バッテリーのパワーか、スタートで一瞬4位まであがります。

IMG_9672.jpg IMG_9750.jpg
でも見せ場はそこまで(^^; その後は実力通りズルズルと順位を落としていき、
残り一分のコール直後にリアダンパーが外れるという寂しいトラブルでリタイヤorz

その次はAメイン、すわパパさんの番です。
序盤快調でしたが、接触が原因でマシントラブル。フロントアッパーアームが外れてしまい
悪い事にユニバがジョイントカップとアッパーバルクの間に挟まってしまっています、
マーシャルでそこにいたのが自分でしたので、とっとと修理して復帰していただきます。
修復~復帰後は鬼神のごとき追い上げを見せますが、時既に遅し。
IMG_9819.jpg
なんかビギナーズ選手権の自分の決勝を見ているようでむず痒かったですよ(^^;

そんなこんなでAメインとBメインの最下位を仲良く取ってレース終了!
肉食って本日のスケジュール終了!
レースの結果は総合最下位とふるわないものでしたが、
店長さんやTB-03ユーザーの常連さんからのアドバイスのおかげで
TB-03のセットアップの方向が少し見えたような気がするのは大きな収穫です。

この二日間、すわパパさんをはじめ峠サーキットの皆さん、色々お世話になりました。
また機会が有れば、どうぞよろしくお願いします!

峠ミーティングへGO! (7/27)

今日は峠ミーティングですよ。
IMG_9376.jpg

昨夜は疲労からメンテなども全くなしに食事→睡眠を選択したため
(金曜に仕事明け→食事→メンテ→車で移動→機能の記事の冒頭へ、でしたから
余計な事をする気力、体力ともに残ってはおりませんでした(^^;)
練習走行はそこそこに車両の仕様変更とメンテナンスを行います。

そして予選第一ヒート
可もなく不可もなく走れた感じでベスト20.6秒、見事に最下位。
他の人たちはみんな19秒台なんですよね、自分だけレースになってません(-~-;
ちょっとこけたり引っかかったりしつつトータルは23周9秒。

見かねたすわパパが、常連さんの激速TB-03ユーザーの方の元へ私を導きます。
そこで色々ヒントをもらいマシンセットを変更。ついでにボディもガライヤ投入!
IMG_9417.jpg
オートバックスはあまり好きではないお店ですので、
ARTAカラーは避けて思い切ってトヨタGT-one'98カラーにしてみました。
GT-one同様に平べったいだけにガライヤにはやたら似合ってくれてびっくり。
ごくらくウイングを持ってしてもちょっと尻が軽いですが、リアルボディはこんなもんでしょう。

ここで待ち望んだバーベキューの1ラウンド目、
暑すぎて夫婦とも食欲がいまいちですが、それなりに食って第2ヒートに備えます。
そんな中、ちょっと懐かしい破裂音。
IMG_9447.jpg
見事な破裂っぷり。車体をどけた跡が何か事件性を感じさせます(^^;
IMG_9449.jpg
中には全く動じてない人たちもいらっしゃるようです(笑

峠へGO! 7/26

さて、行ってきました峠サーキット!
IMG_8856.jpg

すわパパさんとの待ち合わせに一時間ほど遅刻しつつ(^^;
ピットが埋まっていたらどうしよう、ピクニックテーブルとパラソルでタミグラモード?
とか話しながら八時過ぎに峠サーキットに到着。しかし先客は一名のみ(笑
安心して好きな所にピットを設営し走行準備とバッテリーの充電を開始したんですが、
どうもすわパパさんのセルマスが温度カットで弾きまくります。
ふと思いついてセットアップボードの表面温度を計測すると
IMG_8837.jpgそりゃ弾くわ。
というか九時の段階でこの温度だと、昼過ぎが思いやられるんですが。
IMG_8840.jpg嫁さんなんか早々に終了してます(笑

例え嫁さんが終了していても、ここまで来て自分まで終了するわけにはいかないので
とりあえずすわパパさんにライン取りを教えてもらうべく走り出します。

すると笑いの神降臨、やはり初めてやそれに準ずるサーキットはまともに走れません(-~-;
谷田部で初めての時には気合いを入れすぎてメカ積み替えなどして失敗したので
今回は組み上げた後デイトナサーキットでシェイクダウンをちゃんとすませて来たのに
1・AMBポンダーが必要なのにKOポンダー持ってきた>レンタルポンダーで対応
2・プロポバッテリー切れ>走行後即充電で何とか
3・ESC(エクストレイ)不調>VFS1へ交換
4・持参したライトチューンモーターご臨終>すわパパさんの予備を借用
5・すわパパさんから借りた予備モーターまでもけもけに。>予備の予備を借用orz
6・ベベル破損>予備がなかったのでとりあえず放置。やばい音がし始めて本日終了。
いやは久しぶりにトラブル対応に一日を費やしました。。。
ちなみにこのときにすわパパさんからお借りした予備の予備ライトチューンモーターは、
この日の午後と翌日のレース一日をきっちり走りきり、その後軽くメンテを加える事で
7.0V17,000rpmとほぼ借りたときのままのスペックで返す事が出来ました。
峠の走り方になれてきて、モーターの負担が減ったってことなら良いなぁ(^^;

20000?

なんか気がつくと、カウンターが二万を越えていました(^^;
おそらくここ一週間くらいで越えたものと思われます。

最近は一日平均30人前後の方が見てくださってます、
こんな中身のないブログですが、これからものんびりやっていきますので
コンゴトモヨロシク…です(^^;

ミスト

所用で伊丹空港に行ったら
HI391123.jpgあ、ミストだ。
HI391124.jpg結構な勢いで出ています。
谷田部にミスト設置、というりなパパさんの記事を見たときには正直
「蒸し暑くなりそう…」
と思っていたんですが、そんな事もなく涼しいものですね(^^;

HI391125.jpg
伊丹に来たらこれを食わないわけにはいきません。
今回は空港にいた時間帯が中途半端だったため腹具合が微妙で、
イカ焼きと並ぶ好物、551の豚まんとどちらにするか散々悩んでイカ焼きに決定。
551の豚まんも、店頭の商品と土産物屋の冷凍豚まんは別物ですよねぇ。
イカ焼きのお店は二階の真ん中辺、551は一階の全日空側の端にありますので
伊丹空港にお立ち寄りの際には是非ご利用ください~(^^)

4200?

先日組み立てと、説明書に則った慣らしを済ませた4200SHO、
今日は試しに単セル放電→バッテリーマネージャー放電→5Aリニア充電を掛けてみました。

結果、なんか4000位しか入りませんでした。
連続使用可能とか容量削って電圧アップとか特徴似てるし、
これ中身はIB3800'08じゃないのか(笑なんて冗談はさておいて。
マッチドじゃないバラセルなんで少し使わないと本領発揮しないってのはあるんでしょうけど、
今まで使ったバッテリーは非マッチドでもみんな初回で公称容量は入っていたので
ちょっと不安になってしまったり(^^;

温度はあまり上げないでくれと取説には書いてありますし、実際カウント3000台後半で
グッと発熱するようなのでこれ以上無理に突っ込んでも壊すだけな気もします。
現在はこの辺が適正容量ってことなんでしょうね。

しかしバッテリーがこれで週末のレース、大丈夫か(^^;
ライバルのすわパパも勝負バッテリーは慣らし切れてないみたいだから大丈夫かな(笑

活動方針

高知に越してきてから四ヶ月近く経ち、デイトナさんのレースにも参加し、
ちょっと落ち着いた気がするのでここで一度活動体制を見直すことに。

気軽に行ける距離のサーキットはデイトナさんしかないのは間違いないので、
普段の練習はデイトナサーキットになるのは確定。ただどういう車で練習するかというのが問題。
デイトナさんのGTクラスに合わせて練習するのは指定タイヤの消耗が激しいのが辛い。
実車感がないことを理由にレギュレーションでディッシュホイールの使用が禁止されているので、
ホイールのコストも高めってのが高コスト体質に拍車をかけます(^^;

今やっている峠サーキットのライトリークラスレギュレーションは速度的にもちょうど良く、
指定タイヤも良い感じのグリップと普通の消耗具合で良い感じ。
ただし峠サーキット遠征なんて年に一度がせいぜいなのでいつもこれで走るのもなんか違う(^^;

デイトナさん以外でここからまぁ通えなくもない位の距離で、レースもやっている所となると
四国の上半分に出ることになります。近いのはラジコン天国観音寺店さんですね。
定期的にタミチャレも開催しているようでタミヤ信者の自分には良い感じだし、
23Tツーリングのクラスもあるので自分次第でサイクロンの出番も作れそうです。
ただ高速&燃料代、走行料で一回行くのに\5,000位掛かってしまうのがチョット痛い。
横浜から谷田部行くよりは安いですけどね、日帰りだと一日一万円コースですから(笑

なんて考えて、とりあえず来月はタミチャレレギュで練習してみることにします。
デイトナさんのレースは次は九月末だから、対策する時間は別にありますしね。
タミチャレレギュだと\550タイヤの摩耗だけが心配です(^^;

アドバンテージチャージャーまた伸びた!

久しぶりのアドバンテージチャージャーネタ。

【新製品情報】8月発売製品 / 8月発売製品 を掲載! [2008/7/15]
オリオンのサイトでは上記のようになってますが、八月新製品と九月新製品の間違いですね。
例によって何食わぬ顔でクラブマン(リポ)が八月、レース/プロが九月の新製品に入ってます。
今回の更新で七月の新製品からクラブマン(リポ)削ったんだからそれも書けよ!

結局本家ORIONサイトに最初から書いてあったとおり、夏発売になるんですね。
だったらなんで京商は最初に五月発売と発表したのか、アホか(-~-#

そういえば今回の更新でレーススペックの写真が消されました、デザイン変わるのかな?
今までのデザインはこんなのだったんですが。
20080502132604.jpg

着弾!

大阪のRCMXより発射された物資が、なぜか愛媛センター経由で我が家に着弾!
愛媛経由は今年3度目だぞいい加減にしろよヤマト運輸!

早速組み立てました、ORION4200SHO_EU
IMG_8511.jpg
上の4200SHOと下の前から使っているIB4200を見比べるとなんか変な。

よく見たらIBとORIONでは文字の向きと電極の向きが逆なんですね。
IB    [+]4200[-]
ORION [-]4200[+]
文字の向きだけ見て極性確認せずに組んだので、やっちまいました(^^;
まぁヨーロピアンだから繋ぐときに気をつければ良いだけなんですが、
慣れるまでに一度や二度は逆接続やらかす予感…(-~-;
でもライトニング2にはめるならこの向きが正解なので、今後はこの向きで統一する方針で。
しかし充電器は大概逆接警告機能がついてるから良いけど、慣れる前にESC壊さないか心配…。
まぁ心配していても仕方がないので、近日中に試走してきます(^^;

ちなみに説明書を読んでみたら、
「一日に何度か使っても平気だけど、放電後常温まで冷めてから充電してね」(意訳)
なんて気前の良い記述もあってちょっとドキドキ。
つう事はアレですか、予選一本目で使ったバッテリーを走行後に放電して冷ましておいて
決勝に合わせて充電し直して使ったりしても平気って事ですか?凄いなぁ。

つれづれ

こっちに引っ越して以来、手持ちの中でパックバッテリーを積めるシャーシということで
とりあえずずっとサイクロンSを使っていました。
しかしグリップ薄目のデイトナサーキットと指定タイヤにシャープなサイクロンSの組み合わせは
お手々の性能に問題を抱えている自分にはちょっと扱いにくく感じるために、
先日のレースからTB-03にスイッチしているのは記事の通りです。
どっちも自分の限られた能力でのセットアップですが、TB-03の方が安定するんですよね。
こうなるとサイクロン(否S)とTB-03を同じタイヤとモーター、ギア比で比較してみたい。
自分+デイトナだとTB-03の方が速かったりして(^^;

七月の峠レースではそこでベストを出すためにはサイクロンを使うのがいいでしょうけど、
八月のタミグラにむけてのノウハウの蓄積を考えるとTB-03かな。
特性云々以上にデイトナは結構砂が多いので、
トラブル防止+精神衛生上の理由から今後はサイクロンはあまり使わない方向で。
IFSは配置の関係で砂や土でフロントダンパーがぐちゃぐちゃになりにくいから、
レーシングカーっぽい見た目の印象とは裏腹に結構屋外向きなのかもしれない。
TB-03はフルカバーされた駆動系とIFSなんで、今の自分にはちょうど良いですね(^^)

夕方

今日も夕方から軽く練習。
前日メンテの最中にふと「そういえば峠はカツカツボディでもいいんだ」と気がついたため
サイクロン用のレジェンドを被せてGOでした。ついでにサスマウントRRをDからCへ。
リアトー減ってもさすがにSC430よりも安定してます、でももう一つ曲がりが足りないので
ロッカーアームのスペーサーを一気に全部撤去=ダンパーを一番立てたのと同じ状態に。
これでよく曲がり、かといって破綻しない良いバランスに持って行くことに成功しました。
スタビをつけていないせいかちょっとロールが大きすぎるような気もしますが、
路面が荒いからこの方が破綻しなさそうだし当面このままで行こうかと思います。

ところがこの辺からESCが不調、直線で思い切り握っても何かパンチがない、と思ったら
途中からいきなり全開加速という変な動きを繰り返すようになりました。壊れたか。
全開のまま飛び込んでいく高速コーナーの途中でいきなり加速されると死ぬ(^^;
とりあえずエクストレイかマサミモデルにでも載せ替えてヴォラックはメーカー送りだなぁ。


あ、ちなみにバッテリーをポチりました。
銘柄は予定通りなんだけど、うちの赤黒いTB-03には似合わないなぁ…。

TB-03とピニオン

なんかすわパパさんによると、峠サーキットライトリークラスでのギア比は4台だとか。
谷田部のストッククラスを思い出しますね(^^;

で、現在自分の主力はサイクロンSを追い落としたTB-03なんですが、
IMG_8364.jpg
このシャーシ、ピニオンを交換するときにはこんな感じでシャーシの凹みを利用します。
写真は47Tのピニオンなんですが、見ての通り割とギリギリの広さです。
ところが
IMG_8365.jpg
ネジを2つ外せばこんな感じでメンテハッチが開くので、普段ピニオン換えるときは
ここだけ開ければ作業できるようになっています。
しかしこのサイズのピニオンだと、見ての通りスパーギアカバーのねじ穴がじゃまで作業不能。
本来ネジ二本で済む所が、七本外してカバー全体を外さないと交換できなくなってしまいました。
IMG_8299.jpg
「そりゃああんまりよろしくねぇんじゃねぇのかい?」
ええ、あんまりよろしくないです。タミグラならギア比指定だから関係ないですけどね。

正直TB-03のスパー・モーターマウント周りは、構造が凝りすぎ(^^;
素直にSDみたいなカム式にしてくれれば防塵性も確保しつつ扱いやすく作れたでしょうに、
やっぱ大御所タミヤだけにパクらず独自路線で行きたかったんでしょうか。
凝ったメカはある意味タミヤの醍醐味ですけどね(笑

腕が痛い

気がつくとTB-03のビスが九割くらいチタンになってました。
そして右腕が痛い…。ビス大杉。変更後の重量は怖いので計っていません(^^;

本日はバッテリーメンテを行い、
IB3800×3もIB4200×3も全部セルマスターのカウントで3800前後、
5セル化したヨコモ4200×2のうちの1セル死亡を確認という
痛ましい結果に心を痛めている所でございます。
これじゃ困るので月末のレースに向けてバッテリー品定め中…
RCMX価格でヨコモIB4600EUが24セルボックス2万ちょっと、
凄くお得感はあるけどヨコモのIBは虚弱体質というイメージが未だに強くてちょっと怖い。。。
4200SHOだと6セル×4で約\24,000、でも評判はよいみたい。
もうちょっと出す物出せばFMやVPなど選択肢は広がるけど、明らかに予算超過。
さて、どうするかなぁ。

9696

りょうまパパさんに言われてスプリングを塗装することにしました。
どうせ塗るなら厚くなるスプレーよりエアブラシ、でも最近タミヤの瓶入りポリカーボネート塗料は
あまり出回っていないなんて噂も耳にするのでまずは調査を。
タミヤのサイトにはまだ製品情報として残っていますが
タミヤのサイトは資料として古い物もそのまま残しているので油断は禁物です。

次にタミヤショップを確認。
うん、あるにはあるけど肝心な白と黒は売り切れ。

オンラインストアにない≒メーカーにないと言うことは取り寄せも無理でしょうから、
近所の店に流通在庫がなかったらおとなしくスプレーで塗ることにしましょう(^^;

クロノ・トリガー

無人島にゲーム1つ持って行けと言われたらこの三つで悩む、
クロノトリガーってのはせれにとってそんな作品の1つです。
ちなみに後の2つはMOTHERと女神転生II。

で、そんな作品であるクロノ・トリガーがこの冬にDSで発売されるとの情報が。
ベタ移植なのかリメイクなのか、内容についての情報は全くなし。
トレイラーを見る限り続編などではなく「あの」クロノトリガーである所は間違いなさそう。
でもこれだけははっきり言えます。自分は買う(笑

職人芸のドット絵が魅力の1つだったんだけど、最近のスクエニの傾向からして
ポリゴン人形劇になっちゃうんだろうなぁ…。

デイトナサーキット6月月例

タイトルは間違いではありません、
週末が雨続きでまる一ヶ月延びただけです(笑
IMG_8066.jpg
しかし今日は一ヶ月続いた雨なんてどこ吹く風、南国土佐の夏を思い知らされます。。。
IMG_8233.jpg
昼頃のお日様は、ほぼ真上。パラソルがあってもそれを貫く日差しが死ぬほどキツイ。
それを半日浴びて、レースが終わった後に帰宅して入るお風呂は筆舌に尽くしがたく。
ソニック→谷田部とずっとインドアサーキットに通えていた事がいかに恵まれていたかというのを
心の底から噛みしめる日となりました(-~-;

さて、レースは結局本当にTB-03で出ることにしました。
IMG_8020.jpg
ボディはスープラに変わってSC430、嫁さんのお薦めでピンク色。
スープラは'05でも'00でも共通で、ロングノーズな上にボンネットにモールドが少ないので
フェンダー上部が割れるとそこから先がプラプラ様になってしまうんですよね。
昨日まで使っていたエッソスープラもそれが酷くなって路面と干渉していたのでやむなく交換。
ちょっと思い出のあるボディだったんですが、残念(^^;

IMG_8038.jpg
結果から言ってしまうと、総合最下位でした(^^;
TB-03はよく走ってくれましたし、事前に色々やっていたGTチューンも頑張ってくれたんですが、
肝心な自分の腕がダメダメで。まぁここは精進あるのみです。
同じクラスの速い人は15秒前半で回るコースで、ベスト16秒後半じゃ勝負になりません。
ただ最下位でもいつぞやのニューイヤーレースみたいにトラブルで出走不能とかじゃなく、
今の自分に出来る一番の速さで走りきっての最下位なのでなんか意外とすっきり。
デイトナのレースは猛暑の時期はお休みなので、次は涼しくなる九月までありませんから
それまでちまちま通って腕を磨くことにします。八月末にはタミグラ四国もありますしね!


おまけ、GTクラスの風景。
IMG_8137.jpg
先頭からフェラーリ、アコードワゴン、BMW_Z4、NSX、S13、34R。
この混在したボディがある意味この手のクラスの醍醐味ですよね(笑

IMG_8225.jpg
個人的趣味で選ぶ、この日最もカッコよかったサイドバイサイド。

嫁さんがよそ見している、と思ったら
IMG_7924.jpg
蝶を撮ってました。なんとかシジミという蝶だそうです。
蝶って綺麗だけど不気味な不思議な生き物ですよね(^^;

今日の目標

20080706092007
壊さない
(車も身体も)

TB-03シェイクダウン

やっと晴れたと思ったら道産子には地獄の快晴、
初夏のデイトナサーキットに行ってきました。
IMG_7879.jpg


明日は初参戦のデイトナ月例レース、その前日にも関わらずTB-03シェイクダウンです(笑
IMG_7721.jpg
まず遠征予定の峠サーキット仕様TB-03から。
脳内セットで思いの外よく走ります。コーナリング初期がもう一つ足りませんが、
曲がり始めてしまえば思いのままって感じで扱いやすいです。
初期が足りないと言っても比較対象が鋭さに定評のあるサイクロンじゃなぁ、と思ったり。
また、シャフト故のスロットルレスポンスは心地よい限り。

そして期待の新人TB-03が加入し、親サイクロンとの板挟みでピンチに陥ったサイクロンS
IMG_7798.jpg
相変わらずの鋭い走りを見せますが、どうしてもリアがナーバス。
握り巻きが強くて、にんともかんとも。このまま走り込んでも壊しそうな気がして走行中止。
なんか一度完バラでメンテした上で、説明書セットからやり直したい気分。
下手にいじり回したせいで基準点を見失ってしまっているような気がします。

思いつきでTB-03をデイトナ仕様にして一本。
あ~走らせ易い、明日はこっちにしよう。暑さにやられた頭でそう思いました。
IMG_8006.jpg
*おおっと*

GTチューン慣らし

再来月のタミグラに向けて、新品のGTチューンを1つ追加。
今までエースだった分はある程度いじれるデイトナのレース向けに配置換え。

今までエースだった方は振動の少ない割と当たりのような気がするモーター、
ただ使いっぱなしだったのでそれなりに劣化していました。
18500rpm、アベ1.8A位になっていたのをちまちまいじり回して
19500rpm、アベ2.1A位まで回復。でももう一回り回って欲しいなぁ。

新品はまずガタ取りとかの初期調整。箱出しの振動の少なさは旧エースが上かなぁ。
二時間ほど慣らし込んでブラシが八割方当たった所でいったん計測。
IMG_7691.jpg
19980rpm、アベ2.4A、こんなんでましたけど。
電流太めなのは良いとして、タミグラ向けにしてはちょっと回りすぎた…。

なかなか上手くいかないですねぇ。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。