スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/8GPオフ全日本

タイトル通り、今日から1/8GPオフ全日本が始まりますね。
teamHBの活躍に期待します(^-^)

今回もHB BUGGY BLOGでリアルタイムレポートが行われるようです。

ところでBUGGY BLOGの中で「10月30(金)~」と表記されていてタイプミスかと思ったら、
JMRCAの告知からして間違ってるんですね(笑)
スポンサーサイト

モーターメンテ

今日は細々とモーターのメンテナンス。
とりあえず手持ちのGTチューンを全部バラし、勢い余ってライトチューンもメンテナンス。
HI390027.jpg
タミグラ向けのつもりだったのに、ちょっと回しすぎた。

ついでに二万ちょっとしか回らなくなってた15Tも研磨。
バギーとドリフトで散々使いっぱなしだったせいで、焦げが酷くて0.1mm近く削るハメに。
HI390028.jpg
おかげで三万近くは回るようになりました。
でも元々どの位回るものなんだ、このモーター。

カローラアクシオ“GT ”

カローラアクシオ“GT ”だそうです。
axio_turbo.jpg
もう今後は元気な小型セダンには乗れないのか…と諦めていた所にこれは朗報。
いつまで作ってくれるのかはわかりません=買えるかどうかはわかりませんが(^^;

しかしこのアクシオGTは1500ccターボで150ps、我が家の愛車はアクシオのご先祖に当たる
10年オチのテンロクNAですがカタログ値165ps、シャシダイ実測でも150psは出ていました。
そんな高出力エンジンを作っていたメーカでも、エコに牙を抜かれてこのていたらく。
「寒い時代だと思わんか?」
昭和50年代に車好きだった人も、こんな気分だったんですかねぇ…。

気になる新製品

先日のホビーショーでも気になる新製品はいくつか出ていましたが
その後も我々のなけなしのボーナスを狙っているのか、
ぽろぽろと年末発売予定の新製品発表が続いていますね。

ライドさんではアコードtypeCが発表。
ボディ自体より「原篤志が伝授する、"篤志流ボディの作り方"」がもの凄く気になります(笑
今後当分の間はカツカツボディを使えるレースに参戦する予定がない上に
まだ使えるレジェンドも標準と軽量の二枚もあるのでボディ自体は全く必要ないのが辛い所(^^;

パワーズさんでは、自分も愛用している放電器Lightning 2でお馴染みTEAM WAVEから
ブラシレスのESC&モーターが12月末発売&11月末先行販売と発表されてました。
ブラシレス買うならキーエンスのタキオン+ルキシオンと心に決めている自分ですが、
タキオンの実売予想価格と定価が同じ位のRB50もちょっと気になる所です。
デイトナさんの4セルツーリングに出るとかそういうカツカツ用途なら間違いなくタキオンですが
そこまで細かいこと言わないドリフトや、衝撃や埃にさらされるバギーに使うなら
ハイエンドモーターに対応するセンサードESCとしては廉価なRB50もアリですよね。
オフは埃が多いからこそクーリングファンがないタキオンを選ぶべきかもしれませんが(笑

ストレートパック単セル放電

マッチモア製品に金を出すつもりはないので、廃品利用で作ってみた。
HI390012.jpg
最初うっかり逆接して7.2Vをまともに流してしまったのは内緒(^^;
しかしこういう簡易な放電器には、放電が終わったセルを任意で解放出来る
ネジ式ターミナルって相性良いですよね。

気が向いたらセメント抵抗の代わりにRUSHの単セル放電器を繋いでみる予定。

復活

奴が、帰ってきた!
IMG_2368.jpg
なんつって。
単にサイクロン(ほんもの)を組み直しただけです。
ちなみに18TセンタープーリーやTC脚なんかはサイクロンSに付けたまま売っちゃったので
このサイクロンはごく普通のサイクロンだったりします。

サイクロンではセッティングが出せないのにTB-03では良い感じにまとめられるって
いかにもハイエンドシャーシを扱う腕がないって感じで嫌じゃないですか!
いや、実際、そうなんでしょうけどorz

ま、これからはこっちも徐々に煮詰めていく方向で。

お手入れ

週末は天気予報が変わって走れそうなのでバッテリーメンテナンス。
IB4200VR-1は最後の一組ももうだめぽ、とりおんIB3800VR-1は四組ともまだ終わらんよ!
燃え尽きからまだ完全に回復していないので、今日はこれだけ(^^;
車体のメンテナンスは明日やって、明後日が練習かな。
嫁さんのTB-02も修理しなきゃならないし。。。たぶんピニオン緩んでるだけだけど(笑
TB-03も一度セットアップシートに書き起こした上でバラして掃除しないとですし。

あと、RC WORLDスタッフブログがひっそりと復活している事に気が付きました。
更新頻度もだけど、たまにはドローム以外の記事も書いてくれると嬉しいんだけどなぁ。

新製品

ちょっと燃え尽きてました(笑

燃え尽きている間に
ストレートさんが久しぶりに脇道にそれた新製品を発表してみたり、
本家ORIONのサイトでアドバンテージクラブマンチャージャーに動きがあったり
どうやらクラブマン/クラブマンリポはニュルンベルクトイショーで発表のようだとか
いろいろ情報があってドキドキしております。
正直な所、寒い時期はアドバンテージチャージャーで十分ですので、
来年暑くなる前にセルマスター並みの発熱に抑えられる性能でプロ/レースを
きっちり出していただきたいと思います。
クラブマンの内容なら、リポに実績のあるハイペリオンのほうが良いですしね。
クラブマンリポに比べるとハイペリオンはどれもちょっと高いけど。

他にもキーエンスにタキオン/ルキシオンについて問い合わせメールを送ってみたら
「まぁ出せる情報は出せる時にサイトで発表するからそれまで待てや、な?(意訳)」
という返事が来てみたり、
ネタ探しにRed RCを見ていたらオレンジ色のサイクロンを見つけておおっ!と思ったら
Virtual RC Racingの画像でがっかりしたり(^^;

そんな感じでまったりと過ごしておりました。
そしてこの週末は天気が微妙なので、メンテナンスデーかなぁ…。

デイトナサーキット10月月例

参加し始めてはじめてすんなり開催、
デイトナサーキット10月月例に参加してきました。
IMG_2280.jpg
写真はGTクラスAメインスタート寸前。

さて、GTクラス。
このクラスはバッテリーが容量2200以下と定められております。
で、自分はこのレース用にオリオンスポーツパワー2200を用意しているのですが、
昨日コンディションを整えるためにバッテリーマネージャーで放電しておいて、
朝そのまま家に忘れてきましたorz
仕方がないので工具箱の中に落ちていたヨコモのNiCd1400(SSGP指定バッテリー)を充電、
カウント800位で充電が終わったため残容量があったのかとそのまま出走すると…
一周でもうダメ。半端な所で充電が終わったのは単にバッテリーが眠っていただけの様子です。
徐行状態では走る意味がないので予選1ヒートはリタイヤ。
ひとおもいに第2ヒートもキャンセルしてバッテリーを取りに帰ります(-"-;

バッテリーを持って帰ってくると昼休み。時間があるのでモーターのメンテでも、と思い
清掃して注油して回してみると何か覇気がない…18000rpmそこそこしか回ってない!
ヤバいと思って少し調整してみるものの、19000rpmに届かず。
HI390007.jpg
ここは素直にスペアモーターに交換、注油して計測すると19600rpmということで一安心。

練習

諸事情により、いつも通り夕方から練習。
IMG_2234_filtered.jpg

GTは良い感じ、最初は妙に扱いにくく不安だったんですが
プロポのモデルメモリーがドリフト用TA05になっていたのが原因でした(^^;
TB-03用メモリーに切り替えれば最近の扱いやすいTB-03。
IMG_2235.jpg
これなら明日は最下位を脱出出来るかな?

ドリフト用TA05は明日がレースだというのに今日がサーキットでのシェイクダウン。
前後ボールデフ+センターダイレクトのTA05は地面を強く捉えます、
その動きは普通に走っていたら普通にドアンダーな普通のツーリングカーです。
でも振ればちゃんと振れて、これをコントロールするのはこれでかなり面白い!
ちょっとやってみた嫁さんも「これはこれで面白いかも」と。
しかしこのままではドリフトは面白くてもレースではちょっと使えないので
今夜仕様変更。明日のレース前の練習で再シェイクダウンの予定で(笑

対策

先日のスパーギアがやばいTA05に対策を施してみました。
HI390003.jpg
ボディの切れっ端をシューグーで貼り付けただけです。
剥き出しは怖いですが、上から入った物が抜けないのも怖い、と言う事で
こういうちょっと中途半端な状態に(^^;

後は走ってみてどうなるかですね。
実際の所、スパーがでかすぎる(82T)んでしょうけど(笑

全日本模型ホビーショー

全日本模型ホビーショー、本日開幕ですね!っても今日は業者日ですが(^^;
ラジコン関係だと「のびの囁きタイプ2」さんがいち早くレポート中です。
サンワのハイエンドブラシレスもLRPなのかとか名前がツイスターってオイ!とか、
ヨコモは焼き直しとOEM以外ではドリパケプラスのアッパーバージョンがあるようですが
ドリパケスーパープラスにドリパケスーパープラスリミテッドエディションって
なんなんだこのやたら長いネーミングと強気な価格設定は!とか。

この後の更新も楽しみですねo(^-^)o

[追記]
キーエンス来ましたね、すぐには買えませんがタキオンとルキシオンは非常に気になってます。
またタミヤ、やっぱりマッチモアかよ!ってのと久しぶりの復刻バギー、ブーメラン!

あと、TB-03Dのフルオプらしき写真も気になります。
リアダンパーステーをカーボンにしたらまた穴位置が広がるんだな、ってのと
写真左下にぽつんと写っているモノ、もしかしてセンターワンウェイですか!?ってとこ。
もしそうならタミヤ初のシャフト用純正センターワンウェイですねo(^-^)o

[追記の追記]
タミヤのサイトに特設ページが出来てますね。
追記で取り上げたあれは参考出品ながらやっぱりセンターワンウェイだったようです。
しかしドレスアップパーツも全部青か…そういう物位、色を選ばせてくれよorz

そしてオリオンジャパン@京商
発売日未定のアドバンテージチャージャーを看板にでかでかと掲げてみたり、
つらっと展示してみたり。。。

コネクター

最近パックバッテリーを使う機会が多いんです。
GTクラスはパックバッテリーが指定されてますし、ドリフトもお手軽なパックが便利。
パックならクラッシュしてもバラけませんしね(^^;
でもGTチューンや23T程度ならともかく、ドリフトで15Tとか使う事を考えると
標準装備のタミヤコネクターは怖いので効率の良い2Pコネクターにしたいんですが、
普通にバッテリー側に2Pメスを使うと端子にクリップでアクセスできなくなるため充放電に不便。
今使っているORION2200は試しにバッテリー側を2Pオスにしてみたんですが、
5mm程度の金属片で6セル直結ショートを起こせるというのはやっぱ危険すぎます。

効率が良く、ショートの心配が少なく、ミノムシでもアクセス可能、という条件を満たす製品として
カワダ模型のスーパーMCコネクターってのがあるんですが、使っている人を見た事がない!
そして中身がヨーロピアンコネクタ2つなので、根性のない自分に抜き差し出来るのかと(^^;
その心配を改善した、同じカワダ模型のロッキングコネクタってのもあるんですが
こっちはサイトを見る限りメスの単体売りがない模様で、消耗品としてはちょっと…。

なんか良い物ないんですかねぇ。
ストレートさんの充電器用オプションにある、タミヤコネクター用スペシャルケーブルの
コネクタ部分にハウジング付けたようなものがあればバッテリー側はタミヤコネクタのままで
充放電器とESCの5-6個だけ付け替えればいいから便利なんですが。

テスト

昨日のTA05をあぱぁとの駐車場でちょっとテスト。
我が家はなんか変な形の土地に無理矢理建ててある建物なので、
デッドスペース吸収兼連絡通路のため駐車場が変に広くて便利。

ん~普通に走る。振れば振れるけど、普通に走る気になれば普通に走れる。
本来は良い事なんだろうけど、ドリフトクラスで使おうってのにこれじゃダメだ(^^;
土曜にサーキットに持ち込んで少しドリフト方向に振ってみる所存。
サーキットで走らせたら印象が変わるかもしれませんしね。
しかし15Tモデは音が気持ちいいなぁ。。。

走行後に気が付いた事。
HI390001.jpg
スパーギアとシャーシ底面がツライチ、なんか保護しないとさすがにヤバそう。

TA05も復活

なんかドリフトの世界では前後の駆動比率を変えるのが流行っているとか。
タミヲタ的にはTA03のトルクスプリッターを思い出しますね。

TA03もそうであったとおり、手軽に前後の駆動比率を変えるのはベルトがお手軽。
実際ドリフトでやっている人たちも、プーリーの流用元が豊富なベルト車、TA05や
そのコンバージョンであるスクエアコンバやOTA-Rを使っている模様。

というわけでタイトル通り我が家でもTA05復活!
IMG_2216.jpg

TB-03の購入前後に、TA05はもう使う事はないと思って売りました。
OP満載で二台と、スペアパーツで適当にでっち上げたほぼノーマル一台。
それなのにスペアパーツ寄せ集めたらもう一台作れてしまって
田宮地獄の恐ろしさを再確認した次第でございますorz
OP満載のTA05が二台あるって事は、純正部品もほぼ二台分残ってるわけで…。

ちょっと練習

今日は山の上でちょっと練習。

IMG_1879.jpg
すっかり秋です。

IMG_1905.jpg
季節は移ろえど自分はと言えばまぁいつも通り。
立ち上がりのスロットルの開け際さえ気をつければ良い感じ。
タイヤもだいぶ均一に減ってくれるようになったので、
セットアップはおおよそ煮詰まってきたようです。後は腕か…。

今回は嫁さんがGTに興味を持ったようですので、
TB-02に嫁さんペイントボディで走っていただく事にしました。
IMG_1894.jpg
GTクラスの指定タイヤが自分の分しかなかったので、
とりあえず工具箱で干からびていたタミヤミディアムナローAで。
在庫部品を寄せ集めて作った車両なので最初は色々怪しい音を立てたりしていましたが
走らせながらちょいちょい弄る事で概ね普通に走るようになったようです。

こんにゃく入りゼリー

形は国が決める? こんにゃくゼリー 自民、議員立法へ 消費者行政迷走
なんてニュース記事を読んでいたら腹が立って、検索したらこんなサイトが。

こんにゃく入りゼリーの販売中止に対する反対署名
投票したからといって何が起きるわけでもないとは思いますが、
匿名でも投票出来るようなのでとりあえず一票入れてみました。

しかし上記のニュース記事、読めば読むほど手段と目的が入れ替わった
議員さんの本音が透けて見えて嫌になりますね。

雨の予報

明日の土曜は午前中雨という事で、一日ふて寝決定。
ジャンクパーツ組み合わせたら形になっちゃったTA05の仕上げでもやろうかと。
TB-02とEVO31つずつ組めるけど、ターンバックルが足りないので買い足さないと。
しかし過去の遺産で04脚のパーツが余りまくってますわ(^^;

そんな作業をしながらふと思ったんですが、四国大会と自分の体制の関係。

2004年 梅津寺 持ち越しTT-01
2005年 レオマ TT-01RにOP移植
2006年 レオマ TA05新規購入→雨で中止
2007年 参加せず
2008年 高松  TB-03新規購入→雨で中止

自分がタミグラ用に新車を買ったらダメなのかもしれない!
来年は順当に行けばTB-03持ち越しだから、大丈夫かな?

キーエンスのブラシレスとTRFのブラシレス

スクープ記事でいつもお世話になる今治模型社お知らせBlogさんに、
キーエンスのブラシレスシステムの内容が載っていました。
<以下引用>
センサド ブラシレススピードコントローラー
<<TACHYON(タキオン)>>予価¥25800−(税別)
☆特長
・世界初「ハイブリッド熱放射システム」の開発により、
トラブルの原因となり易いクーリングファンはもとより、
搭載スペースを必要とするヒートシンクの装着も不要としました。
もちろん対応モーターは無制限です。
・高性能最新型パワーMOSFETを搭載し、
 ブラシレスアンプとしては世界最小ON抵抗値を実現
・リバースのON/OFFはもとより、ドライブ周波数・各種ブレーキ設定など、
アンプ側のセットスイッチで設定可能です。
・カラーは3色。いずれも高輝度ミラーフィニッシュ仕様です。

センサド ブラシレスモータ 
<<Luxon(ルキオン)>>予価¥10800−(税別)
4.5T/6.5T/8.5T/10.5T の4種類をご用意
☆特長
・業界最高クラスの高耐熱シンテッドロータを採用。
 熱ダレを防ぎ、安定走行を実現いたしました。
・モータのケーブル端子には金メッキを施し、半田付けによるロスをおさえました
<引用終わり>
タキオンにルキオン(ルクシオン)ってまた凄い名前を付けましたね(笑
そしてハイブリッド熱放射システムとやらと、セッティング機能のESC内蔵と言われると、
またラピーダみたいにでかくて積めないという惨事が想像されるんですが、
その辺は大丈夫なんでしょうか…。
熱放射、ってのも気になりますけどね。熱伝導じゃなく熱放射ってことは、
一時話題になった沖電気の「まず貼る一番」みたいな感じでしょうか。

TB-03D

各雑誌にTB-03Dの写真が載りましたね。
IMG_1877.jpg

とりあえずフロントダンパーステーの購入は決定(笑
キットを買うかどうかは今後の我が家のラジコン活動具合によります。

ところで掲示板やブログの書き込みを見ていると
「TB-03Dでタミヤがやっとドリパケに追いついた!」
って書き込みが見られます。

いや、SDの一発目、SSGとエボ3は当時実力伯仲のライバル関係だったんだから、
それらのバスタブ廉価版であるSD-CMとTB-02なら元々同等ですよ。
むしろTB-03Dはエボ5の設計を取り入れたTB-03ベースなんだから、
性能面では追い越した位なんだよ!と強く主張したい!

いや、追いついたってのはローターを模したハブだとか、インタークーラーだのマフラーだのの
小物の揃い具合の話だってのはわかっているんですけどね(笑

1つ心配なのは、ドリパケは説明書通りの素組に付属01Rをつけてやれば
それだけでそれなりにドリフトを楽しめるようになりますが、TB-03Dはどうでしょう。
タミヤの説明書セットは微妙なことが多いですから…。

東温②

先日の続き~
IMG_1844.jpg
走行終了間際にシルレガさんが駆けつけてくださったのでご挨拶。

我々の走行時間が10分位しか残っていなかったのでとりあえず一本!
と目論むも自分は途中でバッテリートラブル。
シルレガさんもモータートラブルを起こした様ですぐにピットに下がってしまいました。
IMG_1816.jpg
嫁さんがのんびり走って本日終了。

その後見せてもらったシルレガさんのモーターは、コミュが真っ黒になっていました(^^;
シルレガさんはタミヤのクリーニングブラシでクリーニングを行っていましたが、
ラジ天もサーキットを抱える店舗ならコミュテーター研磨のサービス位やればいいのに。
ドリフトしかやらない人ならコミュ研なんか持っていない人が殆どだろうから
一回五百円位でも利用客は多いんじゃないのかなぁ。

東方地霊殿クリア(いーじー)

松山ツアーのついでにメロンブックス松山で東方地霊殿を購入。

とりあえず一番簡単と思われるeasy+霊夢西瓜でクリア、
今回はeasyでもノーコンティニューでクリアすればグッドエンドが見られますが、
easyクリアではエキストラステージは出来ないようです。
エキストラは自分には縁遠い難易度なのであまり問題でもないですがorz
しかし正直ラスボスより黒猫の方が強かった様な(^^;

本命パチュマリでノーマルをクリア出来るのはいつの日か…。

そして東温①

本日はラジ天東温で5時間まったりとドリフトです。
IMG_1785.jpg

いきなり嫁さんのドリパケが不調、変な息つきを起こしています。
一応モーターを換えてみたんですが症状は改善せず、
それならと自分用ドリパケとESCを交換してみたら症状はすっきり改善。
外したA07Rはメーカー送りにする事にしましょう。

これで自分のドリパケは動かなくなったので、今日はスリリミで走る事になります。
HI3B0001.jpg
ところがこれが意外なほどよく走る。
全体に程良く鈍く、かつアングルが深くなってもスピンせずにかなり粘れる。
あまり走らせ易いので、試しに嫁さんに試乗して貰ったら
「こっちの車(ドリパケ青)をこういう風にセットしてください」とオーダーを受けました、が、
え~、無理です。出来る物なら最初からやってます(^^;
とりあえずバネを柔らかく、キャンバーも立て気味になど細々と弄りましたが
なかなかスリリミの様な扱いやすさは得られません。難しいもんですね。

そんな事をしているうちに、ミニッツの方にはいつの間にか
ソニックでお世話になったかーとさんとんPさんもいらっしゃっていたのでご挨拶。
とんPさんは「ミニッツは目が大変」とこぼしてらっしゃいましたが、大丈夫だったんでしょうか(^^;

お出掛け

伊予市のたこ焼き屋、がんこ屋のたこ焼きが食べたい!
その思い1つを胸に一路松山方面へ。

どうせ松山に来たなら、お昼はまつちかラーメンステーションの「縁や」で
海老そばを…と思って立ち寄ったらなんか普通のラーメン屋になってます。
抑えの「青葉」もなくなってますし、青葉の隣にあった、
屋号は忘れたけど個人的には好きだった個性的なお店も変わってます。
多少の入れ替わりはあるかと思っていましたが、三件全滅ってのは予想外です。
とりあえず腹は減っていたのでやっている店に適当に入りましたが、
取り立ててどういうこともなく普通のラーメンでした。ちぇ。
まつちかラーメンステーション、この分だと当分行く事はないでしょう。

たこ焼き屋は19:00からなのでまだ時間があります。
最近出来た「中四国最大級のショッピングモール」エミフル松前でお買い物。
いつもラジコン用品に浪費しているので、たまには嫁さんにも還元。

そんな感じで時間を潰していざ!たこ焼き!
と挑んだものの、開店時間になっても人の気配なし。
大将の本職はサラリーマンで、たこ焼き屋は趣味で経営しているので不定休。
タコ自体も友人の漁師さんから仕入れているそうなので不漁の時は休みです。
ちょうどその不定休に引っかかってしまった模様、天気悪いから不漁だったんでしょうか。

何をしに来たかわからないまま、松山在住中よく通ったうどん屋でぶっかけうどんを食べ、
ラジ天東温で小物を仕入れ、一日を終えたのです…orz

スリリミ復活

もう一年近く前になるでしょうか、最後にイーズで走ったのは
あの頃、我が家の主力はサイクロンとTA05のベルトドライブシャーシでした。
しかしその日はそれらとともにエボ3スリリミも持ち込んでいたんです。
スリリミは脳内事前セットアップと実走後の微調整程度でTA05に迫るタイムを出してくれました。
スリリミのおかげでシャフト特有の心地よいレスポンスと、レスポンスと表裏一体のシビアさ、
自分の未熟さ故の限界もたっぷり味わった後、TA05に注力した一日でした。

それからメカを降ろされ、車庫でずっとディスプレイとして過ごしていたスリリミ。
その派手な見た目をドリフト仕様として活かし、第二の車生を歩んで貰おうと思います。
とりあえずスペアのボールデフをクラッチブッシュでロックし、
ボディマウントに小細工してドリパケとボディを共有できるようにしました。
ここにSWパルのスライドマスター(オフセット7)で良い感じにツライチ。
動作確認用にTB-03から受信機を拝借し、ESCは以前TB-03から降ろされたエクストレイ
スプリングは秘密の箱から発掘したタミヤの旧オンロードスプリング、とりあえず前後ソフト。
アライメントなどは基本的にツーリング時代のまま、
ステアタイロッドのナックル側取り付け部だけ前に出して切れ角を大きくしておきます。

さて、これでどの程度走ってくれるかな?

TA05

先日のレースの後、嫁さんが「少しツーリングカーを走らせたい」と言い出してくれたので
一台何か仕立て上げる事にしました。

TT-01やTB-02、エボ3なら簡単に作れるくらいのパーツがあるんですが、
練習用とはいえこれらじゃ性能的にちょっと心許ない。
なので一台作れそうだけど微妙に部品が足りないTA05に部品を買い足す事に。
何が足りないかわからないのでとりあえず組み立てられる所まで組み立てると
ステアリング周り以外は一通りあるようです。
ここまでが一日の夜の話。

じゃあデイトナさんで部品の補給を…って二日は木曜=定休日だorz

そしてアドバンテージチャージャー

オリオン 「アドバンテージチャージャー シリーズ」発売延期のお知らせ
ついに無期限延期キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

ってか今月頭の段階で上位二種は削除してたんだし、
それについて自分が問い合わせた段階で下位二種も延期をほのめかしてたし
何を今更言ってるんだかって気もしますが…。
しかしシリーズ全部削除って、なんか根本的な設計に問題でも見つかったんでしょうか。
今のラインナップだとNiCd/NiMH対応が旧アドバンテージチャージャーしかないんだから、
単純な機能の素クラブマンだけでも出せるなら出しておけば存在感あるでしょうに。

とりあえず、うちでは当分セルマスターとつきあう事になりそうです。。。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。