スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東温へGO!

また用事で松山に行ったついでに東温で一時間だけ走行、
新しいレイアウトが見たかっただけなんです(笑

レイアウトそのものはちょっと単調だけどあれはあれでアリかなって感じですが、
操縦台の足下を一直線に走るレイアウトになってしまったため、
普通にマナー通り操縦台の柵から気持ち離れた所に立つと、車が見えない(^^;
車を見ようと柵ギリギリに立つorちょっと乗り出すと、当然隣の人の邪魔になる。

以前のレイアウトならちゃんとクリッピングポイントに着ける事が出来れば
操縦台の足下には近づかずに済んでいたんで問題なかったんですけどね。
コースレイアウトその物より、コースと操縦台が完全にくっついているという
構造上の問題が思い切り浮き彫りになった感じでした。
こりゃたまらんと帰り際に店長さんに改善要望を伝えてきましたが、
さて、どうなるのやら…
スポンサーサイト

延期

タキオン延期…orz

GT2.0LPF買っちゃうぞぉ!

アドバンテージアドバンスド

朝、目が覚めると、うちの初期型アドバンテージチャージャーがカーボン柄になっていました。
IMG_4176.jpg
今は亡きソニックに通い始めた頃から長年使い込んできた思いが充電器に伝わって、
何かが覚醒したんですかねぇ。

冗談はさておき。
開始価格が安かったので入札したら縁があったのかそのままの金額で落ちてしまい
我が家に来る事になったアドバンテージチャージャー(リポ対応)。
こいつはリポ対応としながらも2セル限定な上にバランス充電には非対応なんですが、
組み合わせて使うべきオリオンのリポバッテリーの方で気前よく
「バランス充電は基本的に必要ないからそのまま使え」と説明書に謳っております。
というわけでそのうちオリオンのリポを1つ買って、本当に大丈夫なのか試してみようと。
…まぁ、その割にはオリオン製リポバッテリーのバランスの取り方なんてのが
オリオンジャパンのサイトに載っていたりもするんですが、それは見なかったことに(^^;
この春くらいにはバランス端子内蔵のアドバンテージクラブマンリポチャージャー
もうソロソロいい加減に発売されるでしょうから、それが自分の手元に届くまで
バッテリーが損傷するほどバランスが崩れなければOKということで考えてます。

ミラージュジャパン、移転

以前から公表されていたとおり、
ミラージュジャパンのサイトがHPIサイト内に完全に移転しました。
サイクロンSユーザーの心の泉、マルよトレイル(現・各種情報)はどうなったかと
ドキドキしながらHPIサイトの左側メニューより「MIRAGE」をクリックすると…

…んなアホな。

GranTurismo2.0 LPFの定価

TRESREYさんのページが更新されました。
更新頻度を増やすのは大変でしょうけど、追いかける方としては一寸ずつでも
頻繁に更新されていくと楽しいですよね。
オリオンジャパンRCWスタッフブログに是非見習って欲しいところです(笑

さて、個人的に注目しているブラシレスESC、GT2.0ですが、
今回の更新で予価が公表されLPFが定価\19,740、PROが\26,040ということです。
洛西さんだと30%引きなのでLPFが\14,000位にPROが\18,000ちょいって所でしょうか、。
BMCやタキオンの洛西価格が\23,000ちょいなので、これなら価格競争力はありそうですね。
本当はタキオンが欲しい自分もこの価格差だとLPFを買ってしまうかもしれません(^^;
6セルで5.5T回せれば、現在想定される自分の使い方には余裕で対応できますし。

ってかタキオンはハイエンドESCですから、ブラシESCならラピーダに当たるものですよね。
であればフラッシュやエクストレイのブラシレス版みたいなESCも出して欲しいですねぇ。
面倒な制御をしているブラシレスで低価格帯製品というのは難しいのかもしれませんが、
是非頑張って欲しいです。
RB30やGT2.0LPFにぶつけられるような国産ミドルレンジESCを、キーエンスから是非!

続・デイトナさんのレースレギュ案

デイトナさんのレギュレーション案が更新されました。
ブラシレスは当面見送りって事で、焦る必要は全くなくなりました。
でも店長さん、あれだとJMRCA系ボディの使用可否が良く解りませんよ?
JMRCA系OKならダッヂMk3、不可ならレクサスSC、ムルシエラゴ、ガライヤ、NSXでいくので
どっちでも良いと言えばどっちでも良いんですが、ダッヂMk3はここらで使っておかないと
賞味期限が切れそう(レース用ボディの進化に対する空力的な意味で)なので
序盤戦だけでも使わせて欲しいところ。と思って店長さんに確認したら
序盤戦は空力ボディOKって事なので、ダッヂ3はここで消化できそうです(^^;

デイトナさんがブラシレスの導入を見合わせたことで、
我が家のブラシレス化はタミヤの動向次第となります。
こっちも来月以降に各地で開催される寒中タミグラで段々と明らかになっていくでしょう。

店長さんと雑談

この週末は嫁さんのご両親&妹さんが遊びに来るためラジコンは不可。
せめても、って事でデイトナさんに小物の買い出しに行ってきました。

いつもどおり嫁さんが看板犬に襲われている間に品定めを済ませ、
そうこうしているうちに奥から出てきた店長さんと雑談。主に来季のレギュについて。

やはりブラシモーターとブラシレスの兼ね合いに苦労している様子でした、
とりあえずやってみるまでわからないってのが本音ですよね(^^;
なんにせよ、お店が潰れないくらいに儲かって、かつ参加者が楽しめるような
そんなうまい落とし所を見つけてほしいですね。。。

あと、リポが欲すぃ…でも充電器から買わなきゃ…orz

来期の体制GT1(仮)

GT1はサイクロンの予定です。
拘りのOZラリーレーシング(笑
とりあえずGTチューンを積んでますが、こっちは金銭面で都合が付けば
ブラシレス+リポに手を出してみたいと考えています。が、現段階では全て未定(^^;
そもそもブラシレスにするにしてもESCをどれにするかすら決まっていないのは
ここ一月ほどの記事を見て頂ければわかるとおりですorz

ボディは当面、使い慣れたライドダッヂ3の在庫を使っていく予定です。
でもブレイドではなく、本家ライドからちゃんとダッヂ4が出てきて興味津々(^^)
以前ちょっと取り上げたプロトフォームのニューモデル、LTC-Rなんかも
足立伸之介選手がブログで「アウトドア向きかも」とコメントされていて気になる一台(枚)。
LTCってLexues Touring Carの略だなんて噂を耳にして、トヨヲタとしても食指が動きます。
確かに配列はちょっと異なりますが、灯火類のアウトラインはISに似てますよね。

でももしそうなら、LTC-RでなくLTC-Fにしてくれれば良かったのに(笑

GranTurismo2.0 PRO/LPF

トレストレイさんのサイトにGT2.0が乗りました。国内導入間近か!
ただ、危惧していたとおりブラシレスモーター専用とのことorz
後は価格ですよねぇ…。

トレストレイさんのラインナップを見て、ふと思ったんですが、
LCD Program Unitって取り扱ってないんですね。
かっこいいのに(笑

Matrix Evolution 2007 Edition

センサーレス非対応な事以外は色も性能も最高で一番そそられるブラシレスESC、
Matrix EvolutionがRCMXストアで特売されてる~っ!!
特売だけあって洛西(スフィアコンペで\21,700)などの安売り命の店より安いんですよ、
物欲抑えるのに必死(^^;

しかしMXで特売掛かるってことは、そろそろ新型が来るんですかねぇ…。

タイヤのツヤ

異常に食わないT-DRIFTの謎に迫る!
IMG_4161.jpg

ってかシルレガさんから「拭いてみると良いかもしれません」と言われて
樹脂タイヤでどれだけの違いが?と思いながら拭いてみたらこの通り。
IMG_4155.jpg IMG_4156.jpg
言うまでもないと思いますが左が使用前、右が使用後。
指で触っただけで明らかに摩擦係数が違う感じ(^^;
次回の東温が楽しみなんですが、しかしこのツヤの原因物質はなんなんだろう…。

GT2.0 LPF Brushless Esc

以前トレストレイさんが言っていたとおり、SpeedpassionからGT2.0が発表されました。
トレストレイさんが国内導入してくれるのはいつかな?値段はいくらかな?
とか思いながら公式のスペックシートをぼーっと見ていると。

>support both sensored/sensorless brushless motor

…もしかしてブラシモーター非対応です?
ブラシレス専用ならVFS-BMCや個人的に本命のキーエンスタキオンもある上に
価格も下位モデルであるExige 2.0より安くなるわけがないので微妙な位置に…。
過去の実績とセンサーレスも回せるというのが国産勢に対するアドバンテージですね。

ほんと、タミグラとデイトナさんのレース規定が決まらないと
怖くてESCも買えませんわ(^^;

東温へGO!

本日は東温なり。
IMG_4078.jpg IMG_3686.jpg
ラジコンでドリフト!SNSのシルレガさんと待ち合わせですが、彼は諸般の事情により見学のみ。
自分も何度か経験がありますが、見てるだけって辛いんですよねぇ。。。次は一緒に走りましょう!

自分はといえばデフ周りの部品を忘れ、FワンウェイRボールデフで走行しますがどうもダメ。
車の動きに体の反応が追いついていないのか物凄くピーキーに感じます。
そんなときに他の人が合わせてくれようとして近づいてきたりするとさらにグダグダに。
この段階で今日はカツカツ気分は全部捨てる事に決定(笑

ランボルギーニが三台もいたので並べてみたり、
ガヤムルムル
ジャンクパーツコーナーの部品と手持ちスペアパーツででっち上げたスプールデフをリアに、
堅めボールデフをフロントに入れて走ってみたらでっち上げスプールが1パックでへし折れたり、
仕方なしフロントはそのままリアにドリパケのスペアボールデフ突っ込んでみたり。
おお、前後ボールデフは扱いやすいぞとやる気も若干向上。

ここでシルレガさんに軽く走ってもらうと「皆と同じタイヤなのに何故か食ってない感じですね。
パワーももう少し欲しいなぁ、17Tなのにマイルドすぎ」とのこと。
パワーがないのはIB3800がそろそろヤバいのが一番大きな問題だと思いますが、
食わないのは何でなんだろうなぁ…。

来期の体制GT2(仮)

とりあえず、GT2クラス(仮)はTB-03で行くつもりです。
IMG_3628.jpg IMG_3642.jpg
本当はタミヤのボディで出たいんですが、
リアスポイラーが使える高さのタミヤボディは持っていないので
昨日搭載可能な事を確認したお気に入りのこいつをレース用に流用。
シャーシも含めて、重量の事は深く考えない方向で…。

他の皆さんはGT2にどんなボディを出してくるんでしょう。
リアスポイラー使おうとする人が多い場合、
セダンボディが急増してGTでなくツーリングカークラスになりそうな予感(笑

TB-03ドリフトパッケージ?

以前ネタにしたTB-03用カーボンダンパーステーの実証試験です。

IMG_3590.jpg
さくっと取り付け完了。
ドリパケ用ボディポストがなんの違和感もなくくっついてます(笑
ボディポスト側ねじ穴の所の出っ張りを切り取る必要がありますが、
逆に言えば加工するのはそれだけです。

IMG_3598.jpg IMG_3601.jpg
そしてこの通り、ドリパケ用の穴が開いたボディがばっちり装着出来るようになりましたとさ(^^;

method R

今日はドリフト用スリリミを。

ノーメンテで使い続けたため見るからにギタギタになりつつあるタミヤRZから
オリオンのお買い得モーターmethodRの17Tへ積み替え。
IMG_3588.jpg
ギア比はとりあえずアバウトに6位(笑
東温で走らせるにはちょっとパワフルすぎるかも?

前回の途中でフロントワンウェイ、リアボールデフにしたんですが、
今回はリアデフロック、フロントボールデフを試してみる予定。
どうなるかな~。

引き続きライトチューンのメンテ

昨日のやばい方をちょこちょこ弄ってこんな感じ。
IMG_3580.jpg
音はだいぶマシになったもののノイズ混じり、回転数と電流値は普通になりました。
ノイズが出ている=エネルギーが音として逃げているのに
昨日のもう一つのモーターと比べると消費電流が凄く少ないのが謎。
電流値が少ない割に回っているのでβ値は良いけど、う~ん…。

ライトチューンのメンテ

GT2で使うTB-03に積むために、ライトチューンのメンテナンスです。

うちにあるライトチューンは全部、去年峠サーキットに行った前後に買った物ですが、
IMG_3579.jpg IMG_3577.jpg
何この差orz 
ヤバい方は箱出しではほぼ定格だったものに色々手を加えて
モーマスではまぁ良い数字が出るようになり、でも実走で試したらモケモケ、
おかしいなと思って車から降ろしたらこんな状態になっていた物。
その後メンテしてみても調子は戻ってきません。
元気な方は峠遠征の後にタミグラ用に買い足したら、箱出しで音が良かったので
大がかりな事はせず、簡単な調整とメンテだけで維持している物です。

自分、ライトチューンのメンテ・チューンはどうも苦手です。
去年も峠サーキットとその後に控えたタミグラのために多少勉強はしたものの
どうもダメなんですよ。GTチューンなら人並みには回せるんですが、
ライトチューンはなんかキモになる所に違いがあるんでしょうねぇ。

サイクロンにストレートパック

デイトナさんの来期レース、GT1にはサイクロンを投入しようと思います。

が、デイトナさんのツーリングレースはストレートパック縛り、
サイクロンは皆さんご存じの通りストレートパック用シャーシではありません。
その上うちのサイクロンはバラセル用にBD用バッテリートレイを接着してあるので
そもそもストレートパックが乗りもしません。

仕方がないので泣きながら瞬着で固定したバッテリートレイを剥がし、
バッテリーが内側に入りすぎてピニオンやベルトに干渉しないような工夫を。
汚くなっちゃった…
工夫っても、良い位置で遊んでる穴に柱一本立てただけですが。

IMG_3567.jpg IMG_3572.jpg
実際にストレートパックを積むとこんな感じ。
アンテナポストと新設した柱の二点で抑える形になっています。

後は自身による激しいクラッシュテストを通過すれば実用化ですが、
さて、どうなるかな(^^;

タミヤ新製品案内 2009年2月号

タミヤさんの新製品情報が更新されてますね。

モーマスとタイヤウォーマーのタミヤ版も出るみたいですが、
すわパパさんは手持ち手放してでも買うのかな(笑

それとは別に、自分が非常に気になる商品が混じっているようです。

タミヤ ブラシレスモーター01 12T
Item No.54132(OP.1132)
2月28日(土)ごろ発売・6,825円(本体価格6,500円)
2月25日(水)発送・JANコード:4950344541321

タミヤ ブラシレスESC 01
Item No.45038
2月28日(土)ごろ発売・12,390円(本体価格11,800円)
2月25日(水)発送・JANコード:4950344450381

タミヤ ブラシレスモーター01 12T・ESC 01 セット
Item No.45039
2月28日(土)ごろ発売・16,800円(本体価格16,000円)
2月25日(水)発送・JANコード:4950344450398

12Tって事は、従来の23T使用クラスに使わせるつもりですかね、
LRPのOEMにしちゃ安いのでまた違うメーカーからの仕入れ?
それとも撒き餌価格?
なんにしろ、この12Tブラシレスモーターがタミグラで指定されるであろう事は
ほぼ間違いないでしょうから中身が気になります。

ブラシレスだとESCで強制的に最高回転数を縛るのも簡単なので、
不正防止のため、このブラシレスセットをお得な価格で提供する代わりに、
このセットでしか出られなくなるとか言われたら泣くかも(^^;

スフィア コンペティション TCスペック

買ってませんよ(笑

スフィア コンペティション TCスペック、ちょっと検索してみると
「バッテリーのニッケル系/リチウム系自動認識機能が災いして
電圧の低いLi-Feではオートカットが誤作動するため使い物にならない」
という意見が見つかりました。
まぁ2007やTCスペックが出たのって一昨年だから対応していないのは仕方ないか。

でもそれは抜きにしてもオートカットがキャンセル出来ないって不便なんじゃ?
と思ってパワーズに問い合わせ。
回答
・元々Li-Feに対応していないESCです。
・自動認識モードでは仰るとおりオートカットがかなり早めに働くと思います。
・NiMHモードならカットしないのでLi-Feでも普通に走行出来ると思いますが、
 逆にカットしないので走行終了の判断が出来ずに過放電の危険があります。
と事実のみを伝える「お察し下さい」系の回答が来ました。
パワーズ意外と話がわかるじゃん、もっとざっくり切り捨てられるかと思ってた。

全部読んであれ?と思って追加質問。
「サイトには自動切替って書いてあるけど、NiMHモード固定って出来るの?」
・出来ますよ

「了解です、でもそれならサイトにもそう書いておいてくれると助かります」
・失礼しました、更新しておきます。

一日に三往復付き合ってくれるサポートなんて初めてだ。
さっき確認したらすでに(Ni-MH/Ni-Cd専用モードあり)って追記されてるし。
パワーズってサポートに関しては微妙な噂も良く聞くんですが、
それでもLRP製品に関してだけは本当にサポートが良いとも聞いていました。
本当なんですね(笑

パワーソースについて考える

だらだら書いてるので長いです(^^;

自分がドリフトで使っているエボ3は設計が古いので、
太くなった最近のバラセルはシャーシのカットに上手く乗りません。
バスタブ化でTB-02にすると太いセルも乗るけど、そうするとモーターマウントが
穴指定タイプになってしまいギア比の自由が利かなくなるので非常に困る。
ストレートパックならエボ3でも乗るけど、デイトナ月例で使う2200ならともかく
それ以上の高容量ストレートパックをエボ3の為だけに今更買い足すのはばからしい。
「じゃあストレートパック風ケース入りのリポ買えばいいんじゃね?」

リポを1~2本買っておけばデイトナで走るにしても便利。
とか言っていたらデイトナさんのレースでもリポ導入の方向。
というわけでリポを使いたい。

リポを使うには対応充電器以外に電圧カット付ESCが推奨されますが、
そんなのブラシレス対応ESC以外にゃあまりついてない。
結局パワーソース一式買い換えが必要ですか(笑

で、どうせブラシレス用ESCを買うのであれば

1.センサード/センサーレス共用が良い。
 ・原理的にセンサーレスではレーススタート時のゼロ発進にリスクを伴うんで、
  縛りがなければレースに使うことになっても安心なセンサー付を使いたい。
  でもブラシレスでレースに参加というのが自分にとって一番現実的なデイトナ月例では
  コストを抑えるためにセンサーレス縛りを考えているようなので、
  その時にはセンサーケーブル引っこ抜いてセンサーレスモードでも使えれば安心。

2.出来ればブラシモーターも回せた方が良い
  ・タミグラもデイトナ月例もレギュレーションがどう転ぶかわかりませんからね。
   スフィアなんかはブラシでも凄く高性能だと聞きますし。

デイトナさんのレースレギュ案

正月そうそうにデイトナの店長さんから来期のレギュレーション案が来ていました。
意見があればご連絡くださいって事でメールは送信済み。
店長さんに送ったメールは真面目な意見として、
(GT2のボディ縛りはもっと緩くて良いんじゃないですか、的な内容を送っておきました)
ブログは自分の庭、好き勝手妄想してみます(笑

今のレギュレーション案は、
・ボディ自由でNiMH2200+GTチューンorリポ+15.5TブラシレスのGT1と
・全高によるボディ縛りに加えてNiMH2200+ライトチューンorリポ+17.5TブラシレスのGT2。
両クラスの共通事項として、タイヤは今年と同じライドのラジアルでギア比も同じく6縛り。
このレギュだとおそらく最初はブラシモーターが主流になると思うんですが、
(時間が経てばおそらく有利であろうブラシレスに徐々に移行しそう?
でも二ヶ月に一度見直すというレギュにあまり先行投資するのは…)
ライトチューンもきちんとチューンすると並のGTチューンくらいは回ってしまいますよね。
詰めていくとパワーとボディの差はもちろんそれなりにあるでしょうが
ただ、それだけの差で4種のパワーソースレギュレーションを用意して、
さらにそれを2クラスに分ける意味があるのかという考えがふと浮かびました。

スピードパッション

七草がゆの日ですよ~、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

ところでミラージュジャパンはなくなっちゃうみたいですね、HPIに吸収って事なのかな。

そんなミラージュジャパンからスピードパッションの代理店業務を引き継いだトレストレイですが、
メールで問い合わせてみたら二時間ほどで返事が来てビックリ。
たまたまタイミング良くメールチェックのタイミングに送りつけただけかもしれませんが、
問い合わせに対するレスポンスが良いと心証は凄く良くなりますよね。

で、問い合わせた内容が
・Exigeって旧型のVer1(HPI取扱)はセンサーレス用ESCだったけど、
 現行Ver2はセンサード/センサーレス共用になってる。センサーコネクタ追加したの?
・Gran Turismoは国内導入しないの?
の二点。で、回答は、
・Exigeはセンサーコネクタはないけど、センサーレス動作でセンサードモーターも回せる。
 ただし、センサー付ESCで回したときよりちょっと出力は落ちる。
・Gran TurismoVer1.1は国内導入予定無し。
 その代わり近いうちにGran TurismoVer2をお見せできると思う。
 現在鋭意テスト中なので請うご期待。
ということでした。

Exigeの回答は予想通りでしたけど、Gran Turismoのほうはちょっとビックリ。
ただ、Gran Turismoが欲しいのは今のお買い得な価格もあってのことなので、
自分にとっては新型発表はちょっとした賭けですね。

あけましておめでとうございます

皆様、本年もよろしくお願い致します。

ということで帰宅しました~。
CA390058.jpg
帰りもいろりやさんでうどん、大泉洋おすすめ天ぷらぶっかけだそうです。

…ん~年末に食った生醤油うどんの方が旨かったなぁ(^^;
天ぷらもうどんも美味しいのですが、これは別々に食べたい気分。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。