スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pulsar

W杯決勝トーナメント、日本はよく戦いましたねぇ。
負けて悔いなし、なんてことはないでしょうけど
選手、監督、その他関係者、皆さんお疲れ様でした!

一方その頃、RCでは1/12世界戦でヨコモの松倉選手が
再び世界を制したというニュースが流れていました。
スポーツでもラジコンくらい日本人が強けりゃなぁ(^^;

で、今日の本題。
LRP Pulsar Touch competition charger
LRPからパルサーチャージャーの新型が出るそうです。
サクサク確実に動いてほしいこの手のものでタッチパネルってのは不安要素ですが、
写真を見た感じそれほど大きくなく、充電12Aに放電20Aってスペックは魅力。
ただ、こいつも入力上限が15Vなんですよねぇ・・・。
まぁリポ4セルやニッケル12セル直列を親電源にするのは
イレギュラーな使い方かもしれませんが、適応外が多いのは残念。

しかし放電20Aは魅力、ブラシレスモーターの回転数&センサーチェックとか
USB経由のファームウェアアップデートなんかも積んでいるようです。
国内導入時の値段次第では候補に入れなきゃならないかも知れません(笑
スポンサーサイト

小林可夢偉が7位入賞!

ザウバー:小林可夢偉が7位入賞!(F1ヨーロッパGP)
可夢偉すげぇぇぇぇぇぇ!
いくら初っ端で展開に恵まれたとはいえ、
7位の結果よりレースの殆どを3位で過ごした事がスゲェ!
ピットアウト後の4周で2つ順位を上げるのもまたスゲェ!

ペーター・ザウバー、小林可夢偉の走りを絶賛
そりゃザウバーさんも絶賛しますわ(笑
ツボに嵌れば遅くはない筈のマシンの方も
その性能がきっちり証明されてご満悦でしょう!

一報そのころ、遠く離れた米国でも
【パイクスピーク10】モンスター田嶋、「10分の壁」突破はならず!
とモンスター田嶋がお見事5連覇達成です!
この週末は日本人レーサー大当たりだったようですね(^^)

TA03を修復

先日やっちまったTA03-FをSさんから譲って頂いた部品で修復…
IMG_5152.jpg

するついでにちょっといたづらw
IMG_5153.jpg
TB-03の純正やわらかサスアームを丁度良く削って
ディスプレイモデルとなっていたスリリミからナックル周りを拝借。
IMG_5157.jpg
なんかそれっぽく仕上がりました。
左のショートリバサスの方がトレッドが狭くなっているように見えるのは
TA03の直立ダンパーを少しだけ寝かせられるからタイヤが近く見えるだけ。

IMG_5156.jpg IMG_5155.jpg
実際のトレッド自体は殆ど変わらず。1mm位ショートリバサスの方が広いかな?

ただ、この位削り混む必要があります。
IMG_5154.jpg
リバサスの取り付け部分は元が9mm位あるんですが、
TA03に取り付けるには1カ所当たり4.5-5mm位削る必要があるんです。
樹脂ドリならともかく他のジャンルならクラッシュ一発でぽっきり逝きますね(^^;
ただ、貴重なTA03のギアボックスを守ってサスアームが折れるというのは
それはそれで結果オーライなのかも?

実走行用としてはスリリミの部品を外したくないので、
後日こいつ用に買い揃えた上でもう一度試してみたいですね。

画像がはれない

初スマフォにうかれていじり倒していました、そんなIS02から投稿テスト。
なんか画像掲載がうまくいかない、これができないと困るんだが。。。

あと、発熱がすごい。
熱源の位置的に普通の携帯みたいにバッテリーが発熱するんじゃなく、
cpuが高熱を発してる予感。動作クロック1GHzは伊達じゃないということか。

でもqwertyキーボードがあるというメリットは細かい不都合なんて打ち消しますね、
これでガラケー同様のメール機能があれば…。

オリオンのリフェ

朝、IS02用にお手頃なmicroSDHC16Gをamazonで検索してカートに入れる。
昼休みに確定して決済しようとしたら品切れ。
最近こんなのばっかりだよ(´Д`)

で、オリオンジャパンのサイトが更新されてました。

6月発売のお手頃なロケットパックに続いて、
7月に高性能型のハードケースリフェを大量投入する模様。
ハードケースは放電レートが60Cと凄い数字になっていますが
これが本当ならリフェでたまに聞く「加速時のヌケ」は大幅改善でしょうね。
しかしレースでも使われる様になると進化が凄いな、
リフェ最大の特徴である「比較的高い安全性」が失われません様に(^^;

8月の新製品としては以前から情報のあった
ツインスペックチャージャーが登場、って高けぇよ!
レーススペック二つ買ってもおつりが来るじゃないか!
商品ページぶっ壊れてるし商品名もプロスペックになってるし!
100623orion.jpg

T-01Bのカメラ性能

T-01B/購入レビュー/13 カメラ

購入予定のIS02、のドコモ版であるT-01BWindows Phone Fanさんによるレビューです。
木の葉の景気よい潰れっぷりなどを見る限り高画質という感じではありませんが、
コントラストが強めに調整されているため文字の潰れ等はそれほどでもなく
ブログ用スナップや画像メモ的な用途としては十分使えそう。
個人的な趣味としてはもうちょっとシャープネスが効いていた方が好みなんだけど、
その辺は後加工である程度どうにでもなりますしね。
この位のカメラにごく普通のブラウザにqwertyキーボードが付いてるんだから
出先からでも気軽にブログ書けるかもと期待。WM用の画像編集ソフトを調べておかないと。

現状唯一?のIS02/T-01B専用保護シートであるpocketgamesのスーパープロテクトフィルム、
朝ちらっと見たときにはあったのに、昼休みにいざ買おうとしたら売り切れてたorz
保護フィルムもT-01Bならおまけで付いてくるのにIS02にはついてこないんですよねぇ…。
まぁ泣いても笑っても明日発売、なんだかんだ言っても楽しみです(^^)

ちょっぴり駐車場

明日からまた雨が続くようなので、ちょっぴり駐車場へGO!
HI390069.jpg
良くあるアングルで一枚。
TA03の前オーナーから「ボロいけどおまけで」ともらったボディですが、
電飾バッチリかつ程良いボロさが自分のハチロクイメージにぴったりで
結構気に入っていたり。

心配していた150%ケツカキTA03ですが、ちょっと慣れれば普通に走れます。
フロントモーターってすげぇ、と思ってると何もない所でスタック。
HI3900670001.jpg
回収してみると、ありゃ。
キングピンは見つけたので着け直して走りますが、
足回りのガタとドッグボーンの影響で、思い切りカウンターを当てると
ホイールが思い切りブレててちょっと格好悪い。
ナックルのねじ穴もバカになりかけてるし、なんか対策しないとですね。

この後はドッグボーンが暴れないように舵角を60%に制限して走らせていたんですが、
これはこれで面白いかも。今度晴れたらお皿配置して練習してみよう。
なんかTA03の動きが凄く気に入ってしまってちょっと困ってます(笑

20/13T

それは雨の土曜日のことでした。

義父:孫の顔が見たい
よめ:それはいいが、腹が減った

という会話の結果
HI390061.jpg HI390062.jpg
海の幸と
HI390063.jpg
分厚い牛タンを始めとする肉類。
堪能させて頂きました(^^)

さて、TA03はサクサクっとフロント20T、リア13T仕様に切り替わりました。
IMG_5136.jpg IMG_5141.jpg
TA05でも20%増し位のケツカキなのに、50%増しまで一気に来てみました。
まともに走れなかったらフロントプーリーを徐々に減らしていく方向で(^^;
あと、前後ハードイエローだと明らかにリアが堅すぎますね、
リアソフトのフロントハードでも良いような気がする。
TA05はフロントソフトリアミディアムで落ち着いてるし、
タミチャレ用TB-03も今のところソフトスプリングが基本だし、
赤バネの需要が多すぎて足りなくなってきたぞっと(笑

雨の週末

金曜の昼休みにauショップから電話が来てIS02は24日発売予定だと。
その直後に公式にリリースも来た。
〈お知らせ〉 auのスマートフォン「IS02」の販売開始について
さて、来週中に通販でmicroSDHC買っておくかな、
ドコモのT01-Bには16GBのSDHCがおまけで付いてくるのに、
au版にはついてこないらしいからorz

そして自宅ではゴリゴリと加工してTA03用プーリーを作成。
IMG_5135.jpg
今はリアは純正16TのままフロントにTA05用18Tがついてます、
12%程のマイルドなケツカキ。
ただし伸びきったベルトとはいえ合計の歯数が2T増えるとぴちぴちなので、
リアのプーリーを減らさなきゃなりませんね。
リア3T減らしの13Tとフロント4T増しの20Tで150%位になるのでこの辺を目標に。

色々便利

ラジコン趣味で身につけた技術は生活の役にも立つとよく?言われますが、
ラジコン機器も生活の役に立つことがあるんだなと。

しばらく使ってなかった電動ドライバドリルの充電器が行方不明になったので
クラブマンリポにご足労願いました。
IMG_5127.jpg

ニッカド8セルですが当然普通に充電可能。
IMG_5131.jpg
てか12V越えるって事は昇圧回路入り?それとも安定化電源の誤差?

そして一年以上使いっぱなしほったらかしだったのに
1200mAhのバッテリーに950カウント入るニッカドの耐久性はさすがですね。
ドリルもギュンギュン動きますよ。NiMHやリポじゃこうはいかないんだろうなぁ。

LiFe品定め

こないだハイペリオン4000を潰してしまって
サルラジにはバッテリーが足りない現状を鑑みるに
一本買い足す必要があると判断。品定めを開始。
今の所タミヤ系以外のレースに出る予定はないので
買い足すバッテリーにカツカツな物は求めない。
であれば電圧のあるLiPoよりも扱いが楽なLiFeで検討。

本命としては容量と価格が良バランス且つ、
峠サーキットの猛者がガンガンゴリゴリ使っても
1シーズンは持つらしいイーグルEA3800R35C+α、
峠サーキットスポーツクラスの指定バッテリーなので
すわパパさん所に遊びに行っても使えますしね。

ざっと検索した感じでは意外なことに(失礼)RCMXが一番安い
じゃあこれで良いかなと思いながら、
念のためRCMXの在庫品をざっと見ていくと、
マイチェン版?のEA3800R40C+αがなんと同じ価格なのを発見。

ちなみに容量がちょっと増えて出力がぐっと落ちる
EA4000R25C+αも同じ値段だったりします。
用途がドリフトとタミチャレ想定練習だから、100A流せりゃ上等かも。

ぐだぐだ考えても結局無難な3800R40C+αを買う予感。
峠サーキットに行ける機会なんてなかなかないですしね~。。。



余談
ドリフトで愛用しているオリオンのボルテックスプロブラシレスモーター、
結構前からRCMXの特売に出されてしまっているんですが、
一部の巻き数が千円値下げされてる様な…。
去年自分が中古で買った価格にかなり近づいちゃいましたよ。


ANA × GUNDAMジェット

ANA × GUNDAMジェット
gumdam_img.jpg
え、マジ?今年はポケモンじゃなくガンダム?
と思ったらポケモンジェットはポケモンジェットでちゃんとあるし
なんか必死だな全日空!

IS02

auから今月末発売予定のスマートフォン、IS02
その機種カタログがやっと出回ってるということでもらってきました。
3月に発表されて以来ずっと待っていたこの端末、
カタログが出るということはもうすぐ発売なんですね、長かったなぁ…。
SN3D0016.jpg

発表以来ずっと情報が錯綜していたCメール、
結局発売当初は受信のみ、秋以降のアップデートで送信も対応と
最初に言われていたとおりの状況に落ち着いたようです。
SN3D0017.jpg

残念な点が一点。
SN3D0019.jpg
トコもの兄弟機T-01Bと違って、付属品にmicroSDHCが含まれません。
T-01Bは東芝製microSDHC16G(三千円相当)がおまけで付いてくるんですよね。
IS02/T-01Bは本体メモリーが150MしかないのでmicroSDHCは必須の存在、
たかが三千円とはいえ必須のものがついてこないのはちょっと残念です(^^;

とはいえ、多分買っちゃう(笑

ちょっとだけ駐車場

ちょっとだけ。
SN3I0419.jpg
しかし今日は梅雨入りしたとは思えないほどの陽気で路面はアツアツ、
タイヤも暖まってその気になれば普通にグリップ走行出来るような状況でした。
こんな状況に10.5Tのパワーじゃ振り切れません(^^;

とりあえずケツがすごく軽いので振りやすく止まりやすい事と、
フロントが凄く重いので舵が凄く良く効くのはよ~くわかりました。
ケツカキにして姿勢維持しやすくして、浅めのカウンター、
ターマックラリーなボディ被せて速度重視のドリフトしたら格好良さそうな感じ。
もしくは秋名のハチロクかw

ってなわけでケツカキを実現すべくプーリーの情報収集中…
シャフトの中心に正確にに2mm穴開ける技術があれば流用し放題なんでしょうけど
残念ながらそんな技術も設備も持ち合わせていない自分には
R/C-villageさんの部品買い集めて自作するのが確実かなぁ。
でもここのサイト、ウイルスバスターが反応するから怖いんだよなぁ…。

鮮度の一滴

突然ですが、卵が好きなんですよ。
生卵ご飯とか、半熟目玉焼きどんぶりとか、シンプルにゆで卵とか。
買ってきた卵1パックを一気に食い尽くして嫁さんに呆れられる位。

そんな自分が今ハマッてるものがあります。
ヤマサ 鮮度の一滴
醤油メーカーヤマサがその情熱で作り上げた全く新しい醤油!
ではなく、入れ物。
中身はいつも通りのヤマサの醤油のようです。
product_img2.jpg
醤油は空気に触れていると一週間ほどで酸化し
風味がすっかり飛んでしまうんだとか(上記サイトの受け売り)。
それを一切逆流しない容器に詰めたのがこの鮮度の一滴。
この容器で空気と遮断された醤油は70日間もの間、新鮮な赤さを保つそうです。
我が家の「鮮度の一滴」も常温で一ヶ月以上放置しても赤いまま、
謳い文句通りの性能を発揮しています。後一ヶ月で使い切れる気がしないので
70日以上経ってからの劣化具合も確認出来る予感(^^;

今まで使っていたごく普通の醤油(すっかり劣化したもの)と比べると、
何でも美味しく食べられるハズの自分でも明らかに違いを感じます。
黒い醤油は塩味+αくらいで、赤い醤油が醤油味です。そんな感じ。
赤い醤油だと醤油味で生卵の甘さがぐっと引き立って生卵ご飯の旨いこと旨いこと!
今まででも醤油を買ってきた日はこの味の醤油を味わっていたんでしょうが
一週間で劣化するのなら買ってきた醤油の99%は劣化した状態で使っていたはず。
人生に含まれる楽しみをもの凄い割合で損したような気分ですよ(^^;

デフロック

ちょちょいと走らせてみたTA03、リアが軽いのが凄く新鮮ですね。
この個体はトルクスプリッター(センターワンウェイ)入りなので
普段フルタイム4WDのTA05を使ってる自分にとっては程良く軽快。
振ろうと思えばどこからでも振れるし、
リアが軽い分慣性も小さいのか止めようと思えば大体止まります。
フロントミッドTT01に似てますが、もっとマイルドですね。

面白くて気に入ったので少し弄っていくことに。

とりあえずリアデフのロックが第一歩かと。
IMG_5092.jpg
TA03はこんな感じでリアセクションすっぽり外れるのが便利、
TAと名乗るならこんな感じであってほしい(笑

外したリアバルクの中から出てきた、懐かしい臭いのするボールデフ。
IMG_5097.jpg
ギアデフなら良いなと思ったんですが、pro仕様だったのかボールデフでした。
仕方がないのでクラッチブッシュでロック。
でもTA03のボールデフってボール入り口が独特だから…大丈夫かな。

見ても分かりませんが、完成。
IMG_5099.jpg
早速走らせてみたいのですが、来週からは雨続きの模様。
TA03の試走どころか週末のエレックスすらどうなるか…。

TA03-F

以前から一度滑らせてみたかった
TA03-Fがたまたま手に入ったので早速メカ積み。
IMG_5083.jpg
どんな動きをするのか、今から楽しみです(^^)

HPI JAPAN リニューアル?

HPI JAPAN(http://www.hpiracing.co.jp/)にアクセスすると
HPI EUROPEの日本語ページ(http://www.hpieurope.com/?lang=jp)に
転送されてしまう件。

そしてURL等を見る限りHPI EUROPEの日本語ページでしかないのに
(右下のリンクにもHPI EUROPEがなく、JAPANがあるし)
内容を見ると新しいHPI JAPANのサイトだという事になっている模様。
今までのサイトも旧サイトとしてURLを変えて残してあって、
(http://www.hpiracing.co.jp/index_old.html)
新しいサイトからもちゃんとリンクが貼られていたり。

おかげで旧HPI JAPANサイト内に吸収されて残っていた
旧ミラージュジャパンのサイト、で連載されていた
「マルよトレイル」のログが残ってて安心した(笑

ただし、HPI-EXPRESSや更新終了のドリフトブログ
旧サイトからもリンクが消されてますね、ちょっと残念。
ブログそのものは今の所残っている様です。

ついでにドリフトブログの最後の記事からリンクされていたのが
何故か消されてる要藤さんのnext Stage、overdoseブログ

あと、ざっと見た感じ痛車SWITCHが新サイトでは既になかった事にされてますね。
プロにキャラクターデザインまでして貰った痛車サイト、
まさかの短期切り捨てです(^^;

FF-03 PRO シャーシキット

FF-03 PRO シャーシキットのページが出来ましたね。
proと銘打たれたキットなのにドッグボーン&柔らか脚みたいですね、
ハイエンドドリフトシャーシと銘打ちながら微妙に力の抜けている
TA05VDFと同様の残念さが(^^;

欲しいけど今は買(わ/え)ないから関係ない、と言いつつ
TOM'sEXiVのキットでも出たら衝動的に買っちゃう予感。
そして来年のタミグラで参加クラスがなくて泣く予感(^^;

あと、TRFの方でタミグラ/タミチャレでのLF1600バッテリーについてだそうです。
1600?2200
写真を見るとLF1600にはA123システムズのロゴがないんですね、
製造メーカーの違いが特性にも出るんでしょうか。
しかし今時1600のリフェを定価¥7,350で売るタミヤさん、
実質タミグラ参加料込みとはいえさすがにそれはちょっと厳しいよ!
例えばオリオンなら2500でも¥4,200ですよ!もう少し御慈悲を…orz

DRB?

ヨコモさんでハイエンドドリフトカー情報なんてのが掲載されてますね。
newdrift.jpg
ヨコモよお前もか、的なフロントモーターベルトドライブシャーシかと思ったら、
横からの写真を見る限り、この手のレイアウトにしてはスパー位置が低い?
そのせいか他社製品に比べてなんかベルトの取り回しが変?

平べったい背骨無しのバスタブシャフトドライブマシンが好きな自分は、
あの高い位置のスパーがこの手のシャーシで一番不格好な所だと
思っているので(だからスパーの低い旧スクエアドリフトコンバは好き)、
このヨコモの新型はちょっと気になる存在になりそうです。
でもハイエンドを名乗る位だから良い値札つけてくるんだろうな(--;

各メーカー更新

HPI JapanにもやっとTC-Xのプレビューページが出来ました!

タミヤ新製品カレンダーも更新され、、、
なんでFF-03はキットがシビック、ボディはアコード1996とホンダ尽くしなんだ…orz
ええと、目新しい所ではTRFから鉱物系のダンパーオイルが出るそうで。
以前せるおさんが興味を示していたX-GEARフレックスオイルとか、
HPIのドリフトブログでお勧めされていたBaja用のダンパーオイルも
実物バイクのフォークオイルがベースって話でしたから多分鉱物油、
この辺と同じ系統のものなんでしょうね。

あと、昨日は気が付かなかったTeamORION7月の新製品のページも出来てました。
…昼間に見た時にはトップページの更新履歴に6月/7月の新製品情報追加が
載っていたと思ったんだけど、今見たら消えてる…?なんなんだ。
とりあえずちょっと微妙なスペックのAC-DCチャージャー及びその周辺機器、
あとどっかで見たことあるようなLEDピットライトが発売されるようです(^^;

ロケットパックLiFe

teamORION japanのサイトが更新されて、例のliFeが正式発表されました。
最終更新日は更新されてるけど更新履歴に反映されてない罠。
100604.jpg

んなことはさておき、ロケットパックLiFeシリーズですよ。
2500mAhで¥4,200、3100mAhでも税込み定価¥5,040とかなりお手頃価格。

今までお手頃なliFeといえばイーグルって感じでしたが、
そのイーグルの同等製品と比べて一割以上安い価格設定になってます。
タミヤLF2200なんてA123セルとはいえ税込み定価¥9,975ですからねぇ、
いくらタミグラ参加費込みの価格とはいえ、もうちょっと手加減してもらえると
助かるんですけどね(^^;

タミヤGP全日本選手権いよいよ開幕!

タミヤGP全日本選手権いよいよ開幕!

※今回、四国大会は会場規模の都合により、四国ブロック居住選手で争われます。
ワロタw
今は亡き梅津寺パークでもそんな扱いはなかったのに今治会場どんだけ狭いのかと。
立地的に違法駐車させないだけの十分な駐車スペースがないのかな?
ビッグバンの悪夢再びってのはタミヤも避けたいでしょうし…。

「大原則として窓の無塗装は禁止と定められてるのに、
FFマイスターのコクピットパーツ推奨は変じゃないですかね?」
という誤解を招く可能性がある申込書の書き方が気になります。
タミグラ規定でコクピットパーツをつけるなら無塗装も可、と定められてるのに、
申込書にはウインドウ無塗装禁止とコクピット推奨だけ書いてある。
コクピットつけた上で窓を塗りつぶして1450g未満で参加してやろうかw

おまけ
HPI-japanがサイト更新。
先月はUSサイト直リンだったカレンダー/ウォールペーパーが
以前の様な日本用ページに修正。ってこの写真実車じゃん!
おたくはラジコン屋でしょうにw
一応写真のど真ん中にHPIのロゴがあるから良いのかな。

今月のワールド

RCワールド買ってきた

背表紙の広告、いくらドリフトは派手な方が良いとはいえ
コントラスト上げすぎなのではと心配になる(^^;
IMG_4980.jpg
写真に撮ったことでちょっと大人しくなってもこの発色。

ホビーショーに出ていた4PLが気になる。
4PKの廉価版ですが、3PKと比べてどっちがレスポンス良いのかと・・・。
IMG_4983.jpg
お買い得価格で有名なKOのEX-5URも廉価プロポながらUR仕様。
2.4G第1世代と言える3PKの2.4Gモジュールよりは
3年経った現代のミドルクラスの方がレスポンス良かったりしないだろうかと
型落ちとはいえ一応ハイエンドである3PKのユーザーとしてはガクブルしていたり(^^;
まぁFM27MHzのHRSと2.4GHzのレスポンス差が体感出来ない自分には
関係のない話かも知れませんが…orz

あと、銀さん祭りが開催されていたので
西日本スタイルなOTA-Rユーザーの人には一読の価値があるのかも。
TA05な自分には記事の価値が分かりません(笑
IMG_4981.jpg
風間オートの全長調整式ダンパーもちょっと面白い。

用語辞典が4ページもあったのはネタ切れの証だろうか。

大体そんな感じ。

私的LiFeメモ

3.6Vカットで充電終了後10分ほどで電圧がここまで下がる。
SN3L0001.jpg

リチウム系バッテリーはニッケル系以上にリピークは良くないと聞くので、
そうするとレース時は一発でバシッと充電完了時間をコントロールして
出走に合わせてやらないとならない訳ですな。

ううむ、慣れてないせいもあるのかも知れないけど、
カツろうと思うとNiMHよりシビアなバッテリーなのかも(^^;

充電器思案

手元のものをいくつか処分して、ちょっと良い充電器を買おうかと思案。
以下はその候補。

レーススペックチャージャーorプロスペックチャージャー
ORI30128.gif 30127.jpg
オリオンが好きなので一応本命ながら、入力電圧15Vまでということで、
長い目で見た場合の屋外活動(タミグラなど)に少々不安が残る。
充電10A、放電10Aor80Wと必要なスペックは十分満たしている。

エンルートC10ver2
image500350.jpg
入力18Vまで、充電10Aまでと好スペックかつ候補の中で最も廉価。
ただし放電は20Wor5Aと候補の中で一番残念。せめて40Wor5Aなら…。

ハイペリオンOS0720iNET3
HP-EOS0720iNET3-L.jpg
入力24Vまで、充電20Aor250W、放電10Aor80Wと圧倒的なスペック。
ただし我が家では安定化電源が150Wしかないので活かしきれない罠。
スペックも価格もC10の1.5-2倍近い。寸止めグランプリ参加可能w

決める前にまずものを売りさばいてみて、その成果で決めるか?
C10も買えない位の売り上げにしかならなかったらどうしよう(^^;

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。