HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ラジコン

ヨコモGP

すっかりSSGPを飲み込んでしまったヨコモグランプリ。
りなパパさんのブログを見て気がついたんですが、
スーパースケールブラシレスクラスのESCがヨコモ縛りになったんですね。
モーターも21.5Tですし、PEARL Evolution SPEC RACINGがないと
勝負にならなそうな予感。

タイヤの組み方やクリーナー類の全面禁止など、
レギュのうるささもすっかりタミグラチックになっちゃって、
悪い意味でのタミグラ化が進んできているようです。
SS58クラスがなくなっており、今回からはタイヤがソフト版に変更。

個人的な考えとしては、タイヤグリップを高めると
食わないタイヤとそれで十分走れる位のモーターを組み合わせて
リアル志向にチキチキやるSSGPの持ち味が…。
タイヤは替わりますがSS48クラスが存続してるのが救いですね、
このクラスはなくなりませんように(^^;

ストックモーター用ESCにお買い得なGT2.1を考えていたのですが、
チャンスさえあればヨコモグランプリには参加したいと考えているので
少々高価ですがPEARL Evolutionを買わざるを得ないのかな。
…それとも「ヨコモ扱い」ではなくガチの「ヨコモ製」縛り?
今更BL-PROやBL-RS買えと言われても困っちゃいますよ(^^;SS48で11,000rpm、SS58だと10,000rpmに届くかどうかだったのが
スーパースケールブラシレスクラスは21.5TのZEROブラシレス、
ヨコモのサイトではなぜか17.5Tと21.5TだけkV値非公開ですが
ブラシレス21.5Tだと一般に1800-2000kV位になるはずですので
リポ7.4Vを掛けて単純計算13,320-14,800rpm位。約1.5倍回るわけです。

SSGPの元々の趣旨は
SSGPの速さはどれくらい?
> モーターとバッテリー、そして減速比(ピニオンギヤ/スパーギヤ)を規定することで
>トップスピードは15kmから25km程度に抑えられますが、これこそがSSGPのキーポイント!
>シャーシサイズが10分の1ですから、実車の速度に換算すると150kmから250kmくらいで
>走行しているイメージとなり、実際にサーキットで繰り広げられているバトルが
>まさに目の前で再現されることになるのです。

これを1.5倍したら最大225-375km/h位になっちゃう、F1並ですよ。
ツーリングカーでこれじゃもうスーパースケールじゃないでしょう(^^;
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://ceresrc.blog67.fc2.com/tb.php/1119-0e7c9637

コメント

ごぶさた~
Round2 では、「ノスラム製またはヨコモ製」だったので、今回からはガチのヨコモ縛りみたいですよ。
自分のはスピパなので、わざわざヨコモGPのために BL-PRO か BL-RS 買うのはねぇ~
って感じです。

だんだんと本来の趣旨から離れていってる。。
ごぶさたです~(^^;
あ、じゃあむしろ逆に回りすぎるSPEC RACINGを封じるために
先手を打ってレギュを変えた感じですね。
BL-PROのガワにSPX-SSのモツをブチ込む人が出てきたりして(笑
うちもメインがSP GT2.0LPFとサブにスフィアTC07がありますから
スフィアのマイナーチェンジ版であるBL-PRO/RS買うのも…ですわ。

超性能化しちゃったツーリングカーを反省してのSSGPだと
そう思っていたんですが、あまり高性能化させちゃ…。
嫁さんがラジコン復帰する頃に、走れるクラスがあるか不安です(^^;
またまたお久しぶり~っス
確かにあのレギュ変更はどうかと思いますよねぇ…(-.-;)
自分個人としてはあのレギュでは今後の参加は……です

って事で益々小さいクルマ専門になりそうな感じ…(^^;)
ご無沙汰です~、
ミニッツで精力的に活動してらっしゃる様で羨ましい(^^)

次に我々がヤタベに遊びに行くときまで
SS48クラスが残っていたら付き合ってください(笑

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。