HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ラジコン

ギア比

ヤタベアリーナのニューイヤーレースに向けて、サイクロンを使うかTA05を使うか
微妙に悩んでいる所であります。サイクロンは殆ど23Tでしか走らせた事がないんですが、
TA05なら元々GTチューンばっかりですから、ニューイヤーレースの指定モーターである
プロストック35Tに多少近い状況で今まで走らせてきてるんですよね。
まぁ実際はサイクロンで出るつもりなんですが、TA05にちょっと…って感じです。

そんな中でりょうまパパさんのブログりなパパさんから
「ギア比が低くなる車の方が有利ですよ」という意見をいただいたので、
サイクロンとTA05のどっちが低いギア比を実現できるか机上テストをしてみます。
これでTA05よりサイクロンが有利になるなら気分良くサイクロンで出られますしね(^^)

まず、スパーやピニオンがはまるかどうかという問題もありますが、
単純にスパー軸とピニオン軸の距離が長い物の方がギア比は下げられる事になります。
ノギスで実測、周りの余計なパーツをよけながらなのでだいたいの値ですが
サイクロン:約30㍉に対してTA05:約32㍉という結果が出ました。TA05有利か(^^;
TA05はバスタブをちょっと削るともう0.5~1㍉位稼げそうな感じです。
ハイエンドではない故の余裕を持った設計のおかげでしょうか。

そして2次減速比、これは小さい方が有利なはず。
調べてみるとサイクロン:2.4375 TA05:2.25
サイクロンは2次減速比が高めなんですねぇ、他社ハイエンドは2.2前後が多いのに。
BDなんて2次減速比は2ちょうどですしね。

ということでどうもギア比的にはTA05の方が有利に組めそうです(^^;
あとで軸間距離から実際どのくらいのギア比が組めるか計算してみよう…。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://ceresrc.blog67.fc2.com/tb.php/187-b8be0a73

コメント

着々と準備されてますね。
机上での計算が終わったら実際にスパーとピニオンをマシンに組んでみて下さいね。
思わぬところに干渉する恐れがありますから。
BD の場合、アッパーデッキを緩めないと大きいピニオンをはめることができないのです。
あまりにも普段とかけ離れたギア比なんでこんな事でもしないと目安すらなくて(^^;
TA05もバスタブの補強リブのせいでピニオンの取り付けに不安があります、
モーターを外さないとある程度以上大きいピニオンの着脱は出来ないかも…

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。