HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ラジコン

謎のIB3800

単セル放電気を手に入れた事により完全放電状態を作れるようになり、
セルマスターで単セルでの充放電+計測を簡単に行えるようになりました。
(アドバンテージでも出来たけど、設定がちょっとだけめんどくさい)
これらの新装備でIB4200VR-1WCの簡易マッチをやろうと思い立ったものの
いきなり高いバッテリーで本番に挑むのは気が引けるチキンハートなせれです、
まずはゾンビーズのIB3600とIB3800を実験台にする事にしました。

色々調べながら単セル放電や単セル充電を試していったんですが、
IB3800はセルマスターでもアドバンテージでも単セル充電出来ないようです。
念入りに放電してみても充電設定を弄ってもやっぱり受け付けてもらえません。
壊れちゃったのかな?と思いながら何気なく6セル充電すると、
普通に電流を飲み込んでいきます。なぜ?
結局4000カウントほどでピークカット、単セル放電を念入りに繰り返したせいか
ちょっと前のデータ(年末のヤタベでの練習まで普通に使っていました)に比べて
コンディションが幾分回復しているようです。

じゃあなんで単セル充電は受け付けてくれないんだろう?
バッテリーの事はやっぱりよくわかりません(^^;
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://ceresrc.blog67.fc2.com/tb.php/215-44ad2380

コメント

セルマスターはできると思うけど・・・
左ボタン押していくとセル数を設定するところがあるので、そこで1セルになっているか確認してみてください。

せれさんがやったときどんなエラーが出たかも気になるなぁ・・・
あ、単セル充電の設定は出来ますよ(^^;
うちの古いIB3800が蹴られてしまうって意味です、わかりにくい表現でしたね。
アドバンテージだと始めてすぐに「セルを確認してください」で停止、
セルマスターだと1000カウント行かないうちにピークカットで止まっていました。
なんか設定間違えていたんでしょうか(-~-;

あ、最初の数分ピークを無視する機能を使えば良かったのか!
そうゆうことですね。
セル自身のコンディションが悪いとピークの出方がおかしくなります。
セルマスターの設定だとロックアウトの設定を長くしてみるのも手だけど・・・
既に死にかけてるのかな?
元がイーグルの激安ストレートパックをバラした物な上に
一年近く使い倒しているのでかなり劣化しているでしょう、
むしろ他のバッテリーがどんどん逝くような管理状態で
よく今も頑張ってくれているなと思うくらいです(^^;
次はロングロックアウトも試してみることにしますね。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。