HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ラジコン

スリリミ復活

もう一年近く前になるでしょうか、最後にイーズで走ったのは
あの頃、我が家の主力はサイクロンとTA05のベルトドライブシャーシでした。
しかしその日はそれらとともにエボ3スリリミも持ち込んでいたんです。
スリリミは脳内事前セットアップと実走後の微調整程度でTA05に迫るタイムを出してくれました。
スリリミのおかげでシャフト特有の心地よいレスポンスと、レスポンスと表裏一体のシビアさ、
自分の未熟さ故の限界もたっぷり味わった後、TA05に注力した一日でした。

それからメカを降ろされ、車庫でずっとディスプレイとして過ごしていたスリリミ。
その派手な見た目をドリフト仕様として活かし、第二の車生を歩んで貰おうと思います。
とりあえずスペアのボールデフをクラッチブッシュでロックし、
ボディマウントに小細工してドリパケとボディを共有できるようにしました。
ここにSWパルのスライドマスター(オフセット7)で良い感じにツライチ。
動作確認用にTB-03から受信機を拝借し、ESCは以前TB-03から降ろされたエクストレイ
スプリングは秘密の箱から発掘したタミヤの旧オンロードスプリング、とりあえず前後ソフト。
アライメントなどは基本的にツーリング時代のまま、
ステアタイロッドのナックル側取り付け部だけ前に出して切れ角を大きくしておきます。

さて、これでどの程度走ってくれるかな?ついでに東温で走るためにHPIのT-DRIFTラジアルタイヤをホイールに組み込み、
樹脂成形タイヤなので暖めないとはまりません。

中途半端な暖め方ではどうも上手くいかないので、
タイヤウォーマーを持ってきて70度設定、チンチンに暖めてやります。
暖めている間はHPIドリフトブログの組み立てtipsを見ながらイメトレ。

イメトレのおかげか組み込み自体はばっちり上手くいったんですが、
タイヤを暖めすぎたせいか手のひらが水ぶくれに…(^^;
CA3A0084.jpg


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://ceresrc.blog67.fc2.com/tb.php/588-06654c2d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。